大相撲

2020年大相撲10大ニュース4位・3位

■4位 朝乃山・正代の大関昇進

3月の時点、幕内で大関を目指せる力士は
朝乃山しかいなかった。11勝-10勝-11勝で
大関が決定した。大関朝乃山の誕生である。
伝達式では「大関の名に恥じぬよう、相撲を
愛し、力士として正義を全うし、一生懸命
努力します」と口上を述べた。

<朝乃山>

朝乃山は右四つの相撲である。といっても、
双葉山、玉の海のように腰で取る相撲では
ない。圧力と出足で取る相撲である。圧力は
そうとうなモノがある。これが朝乃山の強さ
になっている。一時期、突き押しのパワー
相撲に苦戦していたが、解消された理由も
圧力である。

8勝-11勝-13勝優勝、正代は優勝によって
突如大関に昇進した。時津風(元時津海)に
代わり、枝川(元蒼樹山)が伝達式に臨んだ。
正代は「謹んでお受けいたします。大関の名
に恥じぬよう、至誠一貫の精神で相撲道に
邁進してまいります」と四字熟語をいれ、
口上を述べた。大関正代の誕生である。

<正代>

今年(2020年)正代は見違えるような相撲に
なった。今まで上位ではなかなか勝てなかっ
た。2ケタ勝利がようやくできるようになっ
た。そして九月場所は優勝だった。ある日
突然強くなったタイプである。右四つ寄り。
もろざしからの速攻。突き落としをみせる
ことがある。これにさらに磨きをかけること
である

KW氏・M氏・A氏が4位に、HR氏が6位
に、S氏が7位に、T氏が8位にあげている。

■3位 感染症で勝武士、帰らぬ人に

新型コロナウイルスで入院していた現役力士
勝武士が5月13日午前0時半に帰らぬ人に
なった。死因は新型コロナウイルス性肺炎に
よる多臓器不全であった。28歳という若さで
あった。勝武士は高田川(元安芸乃島)部屋
所属、三段目82枚目、土俵歴は約13年に及ん
でいた。しょっきりをよくやっていた。相撲
界から初の死亡者を出てしまい、はかりしれ
ないほどショックで痛々しく、悲しいニュー
スになってしまった。

<スポーツ報知の記事>

勝武士は4月4日から5日に発熱して、師匠
たちが保健所や病院に電話したが、まったく
つながらなかったという。近隣の複数の医療
機関に相談するも、みつからなかった。血痰
が出るに及んで救急搬送となったが、それ
でも受け入れ先はなかなかみつからなかった。
大学病院に入院できたのは、発熱から4日
経っての夜であった。

こうした治療の遅れが死期を早めたのでは
ないか。医療現場が逼迫していたとしても、
どうにもおさえられない感情である。疾患が
あると死亡リスクが高まるという。勝武士が
糖尿病を患っていたことが、影響した恐れが
ある。

<勝武士>

KW氏が2位に、S氏・HR氏が3位に、
A氏が相撲部屋集団感染とセットで2位に、
T氏が7位にあげている。

新型コロナウイルス変異種のニュースを聞き
ました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.