大相撲

■十一月9日目 優勝戦線に波乱続出

元大関の同士の一戦となった照ノ富士対高安
戦は激しい攻防の一番となった。両力士あた
ったあと高安右からいなし、照ノ富士大きく
崩れるも持ち直して出る。右四つ高安まわり
こんではたく、照ノ富士落ちそうになるのを
こらえてもちなおし、再び右四つ。高安まわ
りこみ、止まることなし。気をみて出し投げ
からの送り出しで決めた。両力士終始動きの
なかの攻防だった。

<照ノ富士、高安に敗れ2敗>

照ノ富士の膝が心配だったが、よく戦った。
しかし、連敗は痛かった。終わったことは
覆らない。照ノ富士は気持ちを切りかえて
残り6日間に挑むことである。10日目は翔猿
戦である。

全勝貴景勝に挑むのは2勝6敗の翔猿である。
初上位のため、そうそう勝てない。貴景勝対
翔猿戦はさほど期待がもてない一番であった。
しかし、相撲はまさかの展開になった。貴景
勝小刻みに突くが、翔猿突き返してのこぜり
あい。そこから翔猿が思い切ってはたき落と
した。あまりの意外な光景に観客はあっけに
とられた。貴景勝痛恨の1敗となった。

<貴景勝痛恨の1敗>

その結果1敗は貴景勝、宝富士、志摩ノ海の
3人。2敗は照ノ富士、竜電、千代の国の
3人になった。今場所は2横綱・2大関が
休場で横綱・大関リーグ戦はゼロである。
それならいっそうのこと、この6人による
リーグ戦を実施してはどうだろうか。照ノ
富士と宝富士は同部屋のため、対戦はない。
驚くべきことに6人のなかでの対戦がここ
までただの一番もないのである。10日目に
ようやく千代の国対志摩ノ海が組まれた。
取組編成の不可解さが露呈してしまった。

<宝富士>

幕内の中位以下の平幕優勝は2、3番の上位
戦でお茶をにごす程度である。これではわけ
あり優勝の域をいつまでたっても出ない。
優勝を権威あるものにするために、まずは
6人のリーグ戦を早急に実施すべきである。

大相撲トーナメントにいくことになりました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.