大相撲

朝乃山の相撲内容を採点する1

七月場所、新大関の朝乃山は12勝3敗と次点
の成績を残した。まずまずの成績だが、2
横綱・1大関が休場したなかなので優勝して
当然という見方がある。そこで七月場所、
朝乃山はどのような相撲をとったのか。一番
一番を検証してみることにした。

採点は5段階で、細かく評価するため0.5を
加点減点することにした。採点基準は勝敗
ではなく、朝乃山がどれくらい自分の力を
発揮したかにおいた。

【初日 隆の勝】
立ち上がって突き合いとなったが、朝乃山は
後退せず、機をみて上手を取って送り出した。
4.5点

<隆の勝戦>

【2日目 遠藤】
3勝6敗と負け越している相撲巧者遠藤戦。
遠藤左ざし、朝乃山圧力をかけ左をぬいて
はさみつける体勢で正面寄り切った。
4.5点

<遠藤戦>

【3日目 豊山】
朝乃山圧力で豊山を圧倒。豊山左おっつけで
対抗するが、朝乃山、右が入ってどんどん前
に出て寄り切った。
4.5点

<豊山戦>

【4日目 大栄翔】
激しい突き合いとなって、大栄翔がまさって
押し上げる。朝乃山が体をかわして送り出し
た。
3.5点

<大栄翔戦>

【5日目 霧馬山】
霧馬山左に変わって左上手を取り、食い下が
る体勢をつくった。朝乃山上手は取れない。
霧馬山攻め手がなく攻めきれず。まきかえに
いくところ、朝乃山一気に出て寄り切った。
辛抱の勝利だった。
3.5点

<霧馬山戦>

【6日目 阿武咲】
朝乃山踏み込んで左上手を取ってそのまま
寄り切った。組まれて阿武咲は何もできなか
った。
5点

<阿武咲戦>

【7日目 宝富士】
下から押し上げ、そのまま前に出ての圧勝
だった。宝富士には朝乃山を脅かす要素が
なかった。
5点

<宝富士戦>

【8日目 碧山】
突き合いから、前に出て右四つ寄り切った。
まったく問題にしなかった。
5点

<碧山戦>

(この項目続く)

猛暑+ゲリラ豪雨の二重苦です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.