大相撲

2020年七月場所総評

★開催6日前有観客開催になったことに関して
2500人限定で決まった。プロ野球、Jリーグ
の有観客開催に影響されてのことと思われる。
ただ、短期間でかなりあわただしかった。
仕組み、内容を理解することから始めなけ
ればならなかった。また、発券は観戦日前日
の10時からしかできない仕組みだった。結果
的には無観客の無味乾燥な光景よりははるか
によかった。

<七月場所の案内>

★開催にあたって協会の取組みは
検温、消毒の設置をはじめ、酒類禁止、弁当
発売なし、蜜にならない並びなど15日間何事
もなかった。開催した協会の努力に感謝したい。

★2横綱・1大関の休場について
看板に偽りあり。と同時にもう白鵬、鶴竜、
貴景勝には初めから期待しないことである。
彼らは常に休場がつきまとうことを前提と
する見方をしておくことだ。阿炎の休場は
会食による謹慎的休場だが、お粗末すぎる。

<貴景勝休場>

★優勝争いについて
途中まで白鵬がトップを走り、万全な相撲を
取っていた。連敗で休場という盛下がりみせ
た。孤軍奮闘の1敗朝乃山が平幕下位に連敗
して後退してしまった。ところが、千秋楽を
迎えて2敗照ノ富士、3敗朝乃山、正代、
御嶽海の4力士が優勝圏内という盛り上がり
をみせた。しかも千秋楽は直接対戦となった
のだから見所十分だった。

★優勝した照ノ富士の評価は
大関から序二段まで落ちながらの復活劇だっ
た。不撓不屈、それを一言でいうのは簡単
だけど、誰にでもやれることではない。まし
て元大関は十両では取れないがまかり通って
いたいただけに、なおさらである。幕内復帰
の場所の優勝、相撲はドラマだ、土俵は人生
の縮図を改めて感じさせてくれた。大相撲
ファンに大いなる感動を与えた。賞賛に値
する以上の優勝だった。

<復活優勝の照ノ富士>

★取組編成に関して
14日目、上位がいきなり下記の力士との対戦
は違和感を感じた。取組編成の難しさはある
だろうが、土壇場でこんなに出揃うのは珍
しい。
豊山に3勝10敗対前8石浦4勝9敗
御嶽海10勝3敗対前16琴恵光8勝4敗
朝乃山11勝2敗対前7照強7勝6敗

また、優勝戦線にいる幕内中位、下位力士は
早めに上位に当てることである。13日目以降
では限界が出てしまう。また一般論として、
上位同士の取組をくずすことはなく、前もっ
て取組編成をできるようにすべきである。

★新大関朝乃山の評価は
朝乃山は一段と強くなった。前への圧力が
増した。だが、照ノ富士、照強に負けたこと
で勝負弱さを感じてしまった。特に優勝を
争っている者同士の一番に勝たないと優勝は
できない。12勝は数字的にはよくやったが、
周りが休場しているだけに優勝してもおかし
くなかった。

<大栄翔を送り出す朝乃山>

★三賞に関して
今場所は上位で活躍した関脇以下が目立った。
三賞は正式にはこうなった。
殊勲賞 照ノ富士 御嶽海 大栄翔
敢闘賞 正代
技能賞 照ノ富士

ただ優勝力士を機械的に殊勲賞にするのは
おかしい。該当者が見当たらないならとも
かく、横綱、大関から勝利した御嶽海がいる
のである。また、優勝力士は2賞と最初から
決め込むこともおかしい。大鵬は関脇で優勝
して三賞なしだった。筆者選定の三賞は以下
である。
殊勲賞 御嶽海
敢闘賞 照ノ富士 正代
技能賞 大栄翔

押しは相撲本来のものである。大栄翔の相撲
は技能的にもっと評価されなくてはおかしい。

<三賞受賞力士>

★ほかに気がついた点
十両の優勝ラインが10勝は寂しすぎる。十両
優勝の賞金は成績ごとに決定したほうがいい。

★最後に場所の点数を
60点

暑いのは苦手です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.