大相撲

■七月11日目1敗照ノ富士対白鵬・朝乃山は実現するか

充実している、安定性抜群、調子は上がって
いると言われた白鵬も人の子だった。11日目、
白鵬は6勝4敗の小結大栄翔と対戦した。
相撲は意外な展開となった。大栄翔の真っ向
からの押しに白鵬後退、足をすべららせバラ
ンスをくずす。反撃に出るところを大栄翔に
いなされ、後ろをみせむき直るのがせいいっ
ぱいのまま押し出された。白鵬まさかの敗北
であり、痛恨の1敗となった。

<大栄翔(押し出し)白鵬 写真提供C氏>

朝乃山は前頭4枚目4勝6敗の輝であった。
終盤に組む取組ではない。輝は長いこと上位
戦がなく、上位を脅かす要素は少ない。取組
的興味は薄く、序盤、中盤に組んでおくべき
だった。遅過ぎた取組は白けるだけである。

1敗は白鵬、朝乃山、照ノ富士となった。
問題は照ノ富士の対戦相手である。明日12日
目は玉鷲である。残り3日で優勝を争って
いる白鵬、朝乃山と組めるのだろうか。
白鵬の今後の対戦相手は御嶽海-正代-貴景
勝-朝乃山である
朝乃山の今後の対戦相手は北勝富士-貴景勝
-正代-白鵬である。

<照ノ富士(寄り切り)栃ノ心 写真提供C氏>

こうなるのは、下位の優勝戦線力士に対する
取組編成意識が低いからである。今年の一月
場所、徳勝龍は13日目まで前頭8枚目以下の
対戦だけで、三役対戦は貴景勝一番だった。
とても地力で優勝したとはいえないことは
確かである。

それならいっそうのこと優勝資格を設定して
はいかがだろうか。優勝資格は横綱・大関
全員と対戦すること。プラス関脇・小結と
半分以上対戦することとしてはいかがだろう
か。幕内は元々2つある。横綱・大関との
対戦圏内の幕内とそうでない幕内の2つで
ある。この2つは同質ではない。単純に数字
を比較することはできないのである。幕内
最高優勝を権威あるものにするため、優勝
資格の設定こそ急務である。

眠い日でした。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.