大相撲

土壇場で決まった有観客

7月13日に臨時理事会がおこなわれた。七月
場所の開催に関して及び中川親方の処分が
話し合われた。観客を入れるかどうか。これ
は予想としては微妙だった。プラス要因と
してプロ野球、Jリーグが観客を入れ始めて
いる。マイナス要因として東京の新型コロナ
ウイルス感染者が急増している点だ。いまや
東京在住者は他県に来ることを拒否される
流れが出てきている。もう一つは本場所まで
日程がなさ過ぎる点である。どっちにころぶ
か、結果は観客を入れての開催だった。

観客は2500人限定で、さじき・ボックスシー
トは使用しない。マス席は一人マス、椅子席
は3席あけての使用だという。通路席は空け
る。開場は13時になる。飲酒禁止、検温、
マスク着用。ほかにも多々あるが、新型コロ
ナウイルスが猛威をふるう現状ではやむを
得ない処置である。

<日刊スポーツの記事>

とにかく観客を入れる以上ファンは混乱した。
「チケットが購入できるか否か、わからない
のでは地方のファンは予定がたたない」、
「君子危うきに近寄らず。リスクのなかで
観戦したいとは思わない」、「下の取組が
見られないのでは面白さ半減」など相撲仲間
から様々な声が聞かれた。無観客の三月場所
は異様だった。音を強調する声はあったが、
大相撲はやはり熱気と声援(今回は拍手のみ)
が欠かせない。なにより観客のいない会場は
なにか不気味な光景に映った。

とにかくチケット購入は特別だから、不慣れ
ななかで全体像を把握しなければならない。
全体の構図、流れから理解するところから
始めなければならない。チケット情報はテレ
ビではわからない。概略は相撲仲間から知ら
された。その後情報を把握するも、次々と
知らない情報が入ってくる。

<スポーツニッポンの記事>

さて、出稽古禁止のなか、実際どんな場所に
なるのか。関取一人の部屋は厳しい。力士が
少ない部屋も苦しい。九月、十一月場所も
東京開催となった。通常開催はまだまだ遠そ
うである。引退した力士が多いなか、引退
相撲も決定できないでいる。先のことだが、
福祉大相撲、大相撲トーナメントも見通せ
ない。

もう一つの臨時理事会の議題は中川(元旭里)
親方のパワハラ問題である。結果は2階級
降格の平年寄となり、部屋は閉鎖された。
引退勧告という見方もあった中で協会に踏み
留まった。具体的な暴言も明らかにされた。
この不祥事は七月場所観客を入れての開催と
いうニュースにかき消された感がする。いつ
までも不祥事は忘れた頃にやってくる、では
いけない。

雨の降る日が続いています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.