大相撲

20歳以下の新入幕力士5

■信夫竜(海乃山)
信夫竜は入幕時の名前で海乃山のほうがよく
知られている。その海乃山にしても海力山
(かいりきざん)で届けたら番付が海乃山に
なっていたという。それなら海乃山でいいや
ということで、これで通した。昭和36年一月
場所、20歳で入幕した。立ち合い一瞬のけた
ぐりで大鵬、柏戸、豊山に土をつけ、土俵を
わかせた。今、こうした曲者タイプは見当た
らない。殊勲賞1回、敢闘賞2回、技能賞
3回受賞。金星5個。小結3場所、関脇3場
所務めた。昭和45年一月場所引退した。29歳
であった。

<信夫竜のブロマイド>

■玉嵐
二所ノ関からの分家独立は玉乃海のとき大き
なお家騒動となった。玉嵐はその騒動に巻き
込まれた。昭和36年5月、玉乃海が片男波
部屋をおこすにあたり、内弟子の移籍の申し
出に対し、二所ノ関(元佐賀ノ花)から待っ
たがかかり、玉嵐は結局約1年半かかって
移籍した。したがって昭和37年七月場所、
20歳で入幕したときはまだ二所ノ関部屋所属
であった。同期に大鵬、清國がいる。幕内を
11場所連続務めた後はほとんど十両だった。
最高位は前頭4枚目。最後は十両で引退した。
まだ25歳だった。

<玉嵐のブロマイド>

■栃王山
現役に栃煌山(とちおうざん)がいるが、
こちらは「とちおうやま」と読む。昭和38年
一月場所19歳で入幕。しかし、しばらくは
十両と幕内の繰り返しであった。5年2場所
で幕内13場所、十両19場所であった。幕内に
定着したのは5年3場所目からであった。
唯一の三賞は入幕5年2場所間に敢闘賞を
受賞している。佐田の山、柏戸から金星を
獲得している。最高位は前頭筆頭。稽古中に
眼底出血、網膜はく離という重症を負った
ことがあった。その影響から視力が低下した
ことで昭和47年一月場所を最後に引退した。
28歳であった。

<栃王山のブロマイド>

■逆鉾
逆鉾の四股名は明治、大正、昭和、昭和から
平成にかけて継がれてきた。なじみ深いのは
井筒3兄弟の次男坊で引退後井筒親方として
鶴竜を育てた逆鉾であろう。ここで紹介する
逆鉾は昭和38年五月場所、20歳で入幕した
力士である。新入幕の場所、11勝4敗で敢闘
賞を受賞している。ところが、私生活の乱れ
から、幕内4場所で引退(廃業)した。それ
も最後の十一月場所前に自ら髷を切っていた。
十一月場所は全休扱いとなった。最高位は
前頭6枚目。まだ21歳であった。

■若見山
入門は14歳(現在は卒業していないと入門
できない)のときで、立浪(元羽黒山)部屋
に入った。昭和39年一月場所、20歳で新入幕
を果した。身長177センチ、体重176キロと
ほぼ同じ数字という超アンコ型だった。北の
富士、清國とともに若手三羽烏として期待
された。右四つに引っぱり込んでの寄り、
極め出しを得意とした。三賞は敢闘賞が1回。
小結3場所、関脇2場所務めた。糖尿病を
患ったことがあって結局大成しなかった。
最後は十両で取って引退した。26歳であった。

<若見山のブロマイド>

■玉乃嶋
昭和39年三月場所、20歳で入幕した。入幕時
は「嶋」の字だった。入幕2場所目から「島」
になった。出身地は愛知だが、出生地は大阪
であった。部屋別総あたり制が実施された
昭和40年一月場所初日、本家の横綱大鵬を
新小結の玉乃島が内賭けで倒したのは、語り
草になっている。大関になったのが22歳。
横綱のチャンスはあったが、遠く、26歳の
ときであった。横綱から玉の海を名のった。
横綱4場所目から抜群の安定感をみせた。
腰で取る右四つの型は完成されつつあった。

<玉乃島>

昭和46年夏、玉の海は虫垂炎を患っていた。
持ち前の責任感から切らずに注射で散らして
いた。それが10月初旬まで続いた。玉の海が
入院したのは10月4日であり、手術は6日に
なった。だが、5日後の10月11日、様態は
急変した。右肺動脈幹に発生した血栓症が
原因で玉の海は27歳で帰らぬ人となった。
暗転の青年横綱。玉の海の死はすべての人
から惜しまれた。かわいそうでならなかった。
そして玉の海の死はあまりにも大きな損失
だった。

(この項目続く)

東京中日スポーツに北の富士場所として
自伝的内容が掲載。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.