大相撲

20歳以下の新入幕力士4

■富樫
のちの横綱柏戸である。若秩父と同じ昭和
33年9月場所19歳で入幕した。新入幕大鵬の
連勝止め役に抜擢されるが、8場所入幕が
早かった。大関になったのが21歳、横綱に
なったのが、23歳であった。前褌を取って
走る柏戸は速攻で取るタイプであった。とき
には勢い余って土俵下に落ち、ケガで休場
することが目立った。時津風理事長(元双葉
山)は「柏戸の体はセトモノか」と嘆いて
いた。系統別総当たり制では豊山をはじめ、
ほどんどの力士と対戦しなければならず、
孤軍奮闘であった。30歳で引退した。

<柏戸のブロマイド>

現役時代、柏戸は稽古が少なかった。「あれ
は親にもらった体に感謝しなければいけない」
とまるで体だけが財産のように言われた。
その柏戸が親方になって弟子に「稽古をした
くない者は荷物をまとめて帰れ。帰るときは
挨拶はいらないぞ。こっちも挨拶されるほど
世話してないからな」と言うから、いかにも
柏戸らしく面白い。

■豊ノ海
若秩父、富樫(柏戸)とともにハイティーン
トリオとして注目を集めた。昭和33年9月
場所19歳での入幕だった。師匠の時津風(元
双葉山)と同じ、大分県宇佐市の出身である。
体は細かったが、足腰は強靭で、相撲感が
鋭かった。しかし、幕内は2場所で最高位は
前頭18枚目であった。相撲の世界になじめ
なかったのか、十両に落ちてから3場所で
角界を去っている。まだ20歳であった。

■大鵬
二所ノ関(元佐賀ノ花)の英才教育で地位を
上げてきた力士が大鵬である。昭和35年一月
場所入幕したときは19歳であった。その場所
大鵬は初日から連戦連勝。連勝はついに11
まできた。止め役は小結柏戸であった。力の
こもった熱戦となったが、一日の長がある
柏戸が最後下手出し投げで連勝を止めた。
この場所、大鵬の名を一挙に全国に知らしめ
た。

<大鵬のブロマイド>

入幕した年に優勝し、あっという間に大関、
横綱に昇進した。大関になったのが20歳、
横綱になったのが21歳であった。巨人・大鵬・
卵焼きというキャッチフレーズができるほど
人気があった。負けない相撲の大鵬は2度に
わたる6連覇、32回の優勝、45連勝など6場
所時代の申し子のごとく様々な記録をうち
たてた。その功績から一代年寄り大鵬を贈ら
れた。31歳直前で引退した

■宇田川
大鵬と同じ昭和35年一月場所に20歳で入幕
している。本名である。のちに宇多川に改名
している。左四つ寄りの正攻法の相撲。反面
勝ちみが遅かった。幕内は5年1場所努め、
大関佐田の山・琴ヶ濱を倒したことがある。
最高位は前頭3枚目であった。最後は幕下で
引退した。まだ27歳であった。

<宇田川のブロマイド>

■開隆山
昭和35年七月場所、20歳で新入幕を果した。
入門した荒磯(元照國)部屋(のち伊勢ヶ濱
部屋に改称)の後援者に開隆堂出版の社長が
おり、この四股名になった。昭和36年十一月
場所、新横綱の大鵬、柏戸を倒して殊勲賞を
受賞している。金星は8個獲得している。
小結2場所、関脇2場所努めている。最終
場所は十両となった。28歳であった。

<開隆山のブロマイド>

(この項目続く)

スポーツニュースが少ない日々です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.