大相撲

北玉時代3

昭和44年十一月場所は1横綱、4大関でスタ
ートした。横綱大鵬は6勝3敗から休場。
8日目関脇前の山戦で左ひざを痛めてしまっ
た。この場所は大関北の富士の独走となった。
「清國一人に甘い蜜を吸わしてなるものか」
燃える要素があるときの北の富士は強い。
杉山桂四郎氏はこれを北の富士の循環気質と
指摘した。

1敗北の富士は前頭6枚目2敗の竜虎と12日
目に対戦し、退けた。12日目を終えて1敗
北の富士、2敗がなく、3敗が大関玉乃島、
平幕竜虎であった。その3敗が13日目に負け、
北の富士が勝ったため、優勝が決定した。

<北の富士>

関脇麒麟児(のちの大麒麟)は3勝4敗から
連勝を続けていた。この場所、玉乃島、琴櫻、
清國の3大関を倒して14日目1敗の北の富士
戦をむかえた。この一番麒麟児がもろざし
から吊り出しで勝ち、北の富士は2敗になっ
た。千秋楽結びの一番北の富士対玉乃島戦は
突っ張りあいになって北の富士がまさり、
左四つに組み止めるとすぐさま外掛けで勝負
を決めた。

北の富士は昭和42年三月場所以来2回目の
優勝。12勝-13勝優勝で横綱に近づいた。
玉乃島は10勝5敗に終わり、横綱は遠くなっ
た。

明けて昭和45年一月場所、横綱大鵬は全休。
焦点は北の富士の横綱昇進なるか。もう一つ
は連続11勝の麒麟児の大関昇進なるかであっ
た。北の富士は前場所に続き、好調。8日目
まで1敗で通過。玉乃島は6勝2敗であった。
関脇麒麟児は5勝3敗と厳しい前半・中日と
なった。

<麒麟児のブロマイド>

9日目、北の富士と麒麟児が対戦し、北の
富士が先場所のリベンジを果した。麒麟児は
この場所8勝7敗で大関取りはなくなった。
玉乃島はその後もちこたえ、12勝2敗で1敗
の北の富士戦をむかえた。

ここへきて、玉乃島が本割で勝てば横綱に
推挙してもいいのでは。優勝決定戦は番外、
玉乃島が13勝なら横綱はあり得るのでは、
という声が出始めていた。いかにも本割は
玉乃島が勝って、決定戦は北の富士が勝つ
かのような思わせぶりであった。

<玉の海>

相撲は突っ張り合いから左四つ。玉乃島、
北の富士に上手を与えない体勢へ持ち込む。
玉乃島上手出し投げ。北の富士こらえ、土俵
中央へ。玉乃島上手ひねり、北の富士くずれ
ず。玉乃島横へ動き、吊り出して13勝。優勝
の行方は決定戦となった。決定戦は北の富士
が速攻から左四つ外掛けで一気に決めた。
北の富士は連続優勝で横綱昇進を決めた。
優勝同点の玉乃島が大関で横綱を見送られた
経緯もあり、場所後同日横綱昇進が決定した。

(この項目続く)

日曜NHKで大相撲特別場所放送。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.