大相撲

名古屋本場所あれこれ

今年の七月場所は東京開催に決定した。近隣
地方の方、熱心な遠征相撲ファンにとっては
誠に残念な決定となってしまった。昭和33年
から正式に始まった名古屋本場所は、歴史的
に一番新しい本場所と紹介したメディアが
あった。それは間違いないが、九州福岡本場
所とは8ヶ月しか差がないことも事実である。
名古屋本場所は、2019年まで62回開催されて
きたことになる。

<20019年七月場所で優勝した鶴竜 旗手豊ノ島>

実は、正式な本場所開催の昭和33年以前に、
名古屋本場所開催は4度ある。最初は大正
13年の春場所である。これは大正12年9月
1日におきた関東大震災が原因である。両国
国技館は屋根・柱などの外観を残して焼失し、
東京は焦土であった。ここに至って協会は
名古屋開催を決心した。また、東西合併が
なった昭和2年から年4場所となった。その
うち、2場所は地方で開催した。昭和3年
3月場所、昭和4年9月場所、昭和7年9月
場所は名古屋でおこなわれている。年4場所
は昭和7年まで続いた。

<旧両国国技館の絵葉書>

人によっては、年6場所は多く、暑い七月は
避けたほうがいい、という意見がある。確か
に2年前の名古屋は朝7時から大変な暑さで
あり、愛知県体育館の場所によっては冷房が
効かない席があった。筆者は朝の相撲部屋の
稽古を見に行ったが、往復25分歩いただけで、
暑さ負けしたほどであった。

<館内>

また、年6場所はサイクルが早く、多いと
思う。だが、財政上の問題が残る。力士、
年寄、行司、呼出、床山、事務員などの月給
を6分の5にしてもいいのだろうか。部屋の
維持費、力士養成費も同様である。さらに、
幕下以下皆勤の力士に出る場所手当ては1場
所分なくなることになる。人間の心理として
減ることには誰しも抵抗がある。

<愛知県体育館>

今年(2020年)から椅子席名が変わる予定で
あった。今までは椅子席Aは東西にあり、
椅子席Bは正面と向こう正面にあった。正面
と向こう正面の椅子席のなかで最も後ろの席
が自由席であった。これが今年から、椅子席
は方向に関係なく、すべてS(前2列)、
A(3列・4列)、B(5列目)の3種類に
分けられることになっていた。そして東西
最後の列が自由席に変わった。これは来年
持ち越しとなった。

新型コロナウイルスの影響で名古屋本場所は
ついに幻になってしまった。

東大王を見ています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.