大相撲

大関昇進の成績

朝乃山の大関昇進が確定的である。11勝-
10勝-11勝と3場所32勝である。最近は3場
所を検討することが当たり前になっている。
だが、年6場所の現在、3場所では勢いだけ
であがってしまうことがある。NHKの解説
者だった玉の海梅吉氏は5場所くらい見て、
地力を見極めるほうがいい、という論者だっ
た。それによると、朝乃山は5場所で49勝
26敗である。これは他の先輩大関と比較して
どういう位置づけなのだろうか。そこで、
5場所まで広げて大関昇進の成績をみていく
ことにした。

<朝乃山>

その前に系統別総当たり制で、年3場所から
4場所の時代を参考までにあげておく。それ
が以下である。

この中で、鏡里と若ノ花は大関に上がれると
思っていなかった。当時は千秋楽の翌日に
番付編成会議が行われていたが、鏡里は人を
見送りに、若ノ花は旅に出ようしていたほど
である。朝乃山のように大関昇進直前に三賞
を受賞できなかった力士に吉葉山、鏡里、
朝汐がいる。鏡里、朝汐は大関昇進直前3場
所で三賞がなかった。もっとも朝汐は直前の
場所で優勝している。関脇以下で優勝しなが
ら三賞がなかった第1号になった。朝潮は
このとき2回目の優勝であった。

<若ノ花のブロマイド>

次に系統別総当たり制年6場所制をみていこ
う。昭和33年からは年6場所制となった。
なお、上位と対戦なき成績は記載せず、その
場合は合計4場所の成績とした。

琴ヶ濱は5場所10勝以上であり、57勝18敗は
6場所制で最高昇進成績である。琴ヶ濱は
12勝-11勝-10勝でも大関にあがれず、11勝
-10勝-11勝でもだめだったことになる。

<琴ヶ濱のブロマイド>

大鵬は5場所前負け越しているが、このとき
入幕2場所目で、上位初挑戦であった。大鵬
は大関直前優勝しているが、三賞は受賞して
いない。関脇以下で優勝しながら三賞がなか
った第2号になった。大鵬なら優勝しても
不思議ではないほどの逸材とみられていた
のは確かである。なお、第3号は出現して
いない。現代なら考えられない。

<大鵬>

昭和40年から部屋別総あたり制となった。
部屋別総当たり昭和編をみていこう。

最初の大関が北の富士である。舞の海氏は
ことあるごとに北の富士氏の3場所28勝を
口にするが、5場所まで広げると47勝28敗に
なる。これは柏戸、琴櫻、照ノ富士と同じ
成績である。なお、北の富士も大関直前の
場所は三賞がない。

<北の富士>

魁傑は2度大関に昇進している。2度とも
優勝・負け越しがからんでいる。師匠の花籠
(元大ノ海)親方は魁傑を横綱に育てたかっ
たが、相撲が窮屈で大成しなかった。

この時期5場所の最高成績は北天佑と小錦の
55勝20敗である。1場所平均11勝である。
特に小錦は5場所すべてが10勝以上である。
小錦は12勝-10勝-10勝-11勝で大関にあが
れなかった。逆に5場所の最低成績は増位山
の45勝30敗である。

平成に入ると読者の皆様の記憶が新しいの
では。実は、ここから大関昇進のレベルは
あがってくる。5場所(4場所)平均10勝
以上の力士が増えてくる。6場所制の大関で
5場所(4場所)の成績が平均10勝以上あげ
た力士と10勝未満力士を分類すると以下に
なる。

朝乃山は49勝と惜しくも1勝足りなかった。
また、貴ノ花(子)についで大関直前の場所
で三賞を受賞できなかった。だが、大関に
なってから実績を築きあげていけばいい。
大関朝乃山の可能性が花開くのはこれからで
ある。

旧友に会います。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.