大相撲

2020年三月場所総評

★無観客開催について
途中まで、検温、消毒、マスクなどの協力で
通常開催する雰囲気だった。だが、新型コロ
ナウイルスの拡大防止のため、他のスポーツ
が中止・延期・無観客試合へという流れが
でき、通常開催は考えられなくなった。3月
1日の臨時理事会で無観客開催に決定した。

力士・親方は前代未聞で大変な対応を迫られ、
本当にお疲れ様と労をねぎらいたい。ただ、
音はあっても熱気はなく、もう1回見たいか
というと首をひねらざるを得ない。年6場所
は多く、ケガを治療するために中止でもよか
った、というファンの意見があった。

★新型コロナウイルスによって、今後大相撲
はどうなる?
早々と春巡業の中止が発表された。勧進元の
損害には触れていないが、損失丸がかえだと、
今後の巡業に影響が出そうである。現在、
五月場所の先行予約は行われていない。チケ
ットの発売日が未定になった。しばらく様子
を見て、五月場所開催をどうするか結論を
出すものと思われる。

★チケット払い戻しに関して
チケットの手数料110円及び先行予約のサイ
ト利用料などを含めて返金された。チケット
専門サイトは情報通によると、購入者が出品
者にメールを送れるようにした。だが、取引
は成立しているため、実際の値段以上の購入
者は相談のカタチで差額を求めるメールを
送れるが、効力は別であるとのことだった。

★朝乃山の大関昇進について
朝乃山が大関として立派に務まるかは今後に
かかっている。大関は上がったとたん、1ケ
タ勝利に終始することが多い。特に最高位
大関の力士に見られる。大関は協会の看板で
あり、特別扱いされていることを自覚して
ほしい。

★優勝争いについて
途中まで連続平幕優勝か、という場面があっ
た。結局千秋楽を迎え白鵬・鶴竜の両横綱の
2敗相星決戦になった。晩年白鵬、鶴竜の
牙城をくずして、優勝争いに浮上する力士は
いなかった。

★取組編成について
平幕の優勝戦線の力士の上位対戦が、相変わ
らず遅すぎる。そのため、白鵬対貴景勝戦が
なくなった。先場所優勝した徳勝龍は三役
では貴景勝一番だった。その反動が今場所の
4勝11敗だった。優勝力士が本当に強豪を
倒して、強者の証明をしていない場合は、
優勝資格が本当にあるのか。数字の単純比較
はおかしい。

★三賞について
三賞は殊勲賞阿武咲、敢闘賞隆の勝、技能賞
碧山となった。白鵬には正代も勝っている。
正代がはずれた理由がよくわからない。なお、
阿武咲は鶴竜戦、朝乃山戦、正代戦がなかっ
た。11勝の朝乃山も三賞からはずれた。これ
でいいのだろうか。

★最後に場所の採点を
マイナス項目はある。大関貴景勝の負け越し。
取組編成の失態。大関以下に優勝争いができ
る実力者が不在など。だが、この場所は特殊
だから採点は控えよう。

  【大相撲写真館】

オリンピックは延期?
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.