大相撲

御嶽海の15日間を推測する2

2019年11月7日

180908初日前日 837
<御嶽海>

ここからは対戦成績で負け越しの力士が5人

登場する。

▼対小結その2
御嶽海6(××○●○○)4遠藤
対戦成績は拮抗している。遠藤のうまさは
四つになってこそ発揮される。御嶽海はそれ
を封じるために突き押しからどんどん前に
出る相撲を取りたいところである。

御嶽海4(××××●○)1阿炎
阿炎は先手を取って果敢につっぱってゆさ
ぶりをかけたい。ただし、引きはつけこま
れる。御嶽海は落ち着いて取れば波乱は少な
いとみる。

▼対関脇
御嶽海4(●×●●×○)8栃ノ心
対戦成績は栃ノ心がリードしている。だが、
最近の栃ノ心は弱弱しいイメージが抜けきら
ない。加えて栃ノ心は後退するとこらえきれ
ない。力強い栃ノ心が戻らない限り、御嶽海
有利は否めない。

ここまでは計算できる対戦相手である。確実
に3勝しておきたいところである。

▼対大関
御嶽海7+1(○○○●×●○)5貴景勝
上記の1年間の対戦成績には九月場所の優勝
決定戦が含まれている。御嶽海は一時貴景勝
に5連勝していた。優勝貴景勝にも勝って
いる。問題は優勝決定戦で負傷した貴景勝の
治り具合である。不安をかかえている状態
なら御嶽海有利である。

御嶽海6(○●●○××)12高安
ここ2場所は対戦がないが、新入幕からの
対戦は積み重なって20番に迫ってきた。対戦
成績は高安が大きくリードしている。不安は
やはり、高安が休場の原因となった肘の具合
である。大関目指す御嶽海の集中度が上か。
190514三日目幕内 655
<2019年5月場所 高安をはたき込む>

御嶽海7(□○●●×○)9豪栄道
先場所、御嶽海は変化で勝った。同じ手は
使いにくい。豪栄道は強さにムラがある。
御嶽海は真っ向から当たって突き押しで、
放れて相撲を取れれば活路は開ける。

▼対横綱
御嶽海3(×○●×●×)9白鵬
晩年の白鵬にとって取りづらい相手はパワー
相撲である。後退すると危ない。御嶽海に
チャンスはある。御嶽海は引っ張り込まれる
ように、四つに組みとめられないことが肝心
である。
190123十一日目幕内 778
<2019年1月 再出場ながら白鵬から勝利>

御嶽海5(×○○●●×)7鶴竜
御嶽海に力を発揮できない体勢をつくる。
鶴竜は踏み込んでの立ち合いができるかどう
かにかかっている。御嶽海は鶴竜を後退させ
ることである。あたってどんどん前に出る
相撲がとれると勝機が出てくる。

横綱・大関戦は3勝2敗と勝ち越したいとこ
ろである。2勝3敗だと関脇以下には一番
も負けられないことになる。12勝の達成は
簡単ではない。御嶽海がどういう結果を出す
か。改めて15日間を見守りたい。

甘酒が美味しい季節になりました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.