大相撲

■夏3日目 天に見放された大関陣

2019年5月14日

大関の雲行きがにわかに怪しくなってきた。
まず一番手で登場した高安。御嶽海相手に
当たり負けして後退した。土俵際まで押し
こまれ、そこを御嶽海にはたかれるともう
残れなかった。高安は早くも2敗である。
優勝は13勝ラインなら一番も落とせないとこ
ろまできてしまったことになる。

快調豪栄道が遠藤相手に不覚を取った。遠藤
は立ち合いに奇襲があるわけではなく、馬力
で圧倒する相撲でもない。遠藤に怖さはない。
それが遠藤に左差し十分に四つに組まれて
しまった。遠藤は上手も取れない豪栄道を
東土俵に一気に寄った。別人豪栄道であった。
だが、そういう一面も豪栄道は持ち合わせて
いるとしか言いようがない。

大関が2番負け続けたら、最後の大関はしめ
なくてはいけない。貴景勝対北勝富士は当た
りあって押し込んだ貴景勝だが、北勝富士が
反撃に転じると貴景勝は東土俵に詰まって、
残す腰はなかった。新大関の優勝はただで
さえ難しい。そんな思いがよぎった一番と
なった。

連鎖反応が横綱鶴竜にまで及ぶとは思えなか
ったが、勝負は危なかった。琴奨菊相手に
左四つになった。出るのは琴奨菊。鶴竜こら
えたが、次の一瞬正面土俵で投げの打ち合い
になった。鶴竜の上手投げか、琴奨菊のすく
い投げか。肘から落ちた琴奨菊、頭から落ち
た鶴竜。この落ち方の差が明暗を分けた。
鶴竜の勝ちとなり物言いはつかなかった。

この日は大関の厄日、天に見放された日に
なった。これだけですまないようだと乱戦、
混戦になってくる。

【大相撲写真館】
190501力士会 367炎鵬
<新入幕炎鵬>

B5版ゴルゴ13を購入。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.