大相撲

今年(2018年)1年ご愛読ありがとうございました

2018年12月31日

賢明な読者の皆様、今年(2018年)1年
ご愛読誠にありがとうございました。今年も
変わらぬPVを得られたのもご愛読いただい
た皆様のおかげです。本場所のある月は9月
が最高のPVで、11月が次点でした。本場所
のない月では10月が最高のPVで、12月が
次点でした。また、多くのコメントをいただ
き、大変勉強になりました。本当にありが
とうございました。
5 130112初日前日 224前文
土俵の目撃者は本場所ではテーマをしぼって
お届けしました。本場所以外では問題点を
探り、視点を変え、土俵の心を伝えてきまし
た。ときには幕下をテーマにとりあげてきま
した。また、相撲の歴史的経緯を伝えて、
今日の大相撲にどういたったかを明らかに
してきました。
180527千秋楽表彰 076
<貴乃花>

今年はよくも悪くも貴乃花の1年でした。
貴乃花はよくいえば信念の人ですが、悪く
いえば頑な過ぎました。また、自らつくる
きっかけとなった貴乃花一門から、本人が
脱退するというのはとうてい理解しがたい
ことでした。

力士では稀勢の里をずいぶん取りあげたよう
に思います。稀勢の里のがちんこ精神はりっ
ぱの一語につきます。反面休場してどれくら
い必死に稽古に取組んでいるのか、気がかり
でした。十一月場所1勝もできずに休場して
元の木阿弥になった感がします。
181226赤ちゃん抱っこ 622
<稀勢の里>

土俵の目撃者は休むことを極力なくし、ひた
すら書き続けてきました。この方針は来年も
不変です。変わらぬご支援を引き続き賜り
ますよう御願申しあげます。皆様よいお年を
お迎えください.

除夜の鐘は最後の1発を1日につきます。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.