大相撲

最悪の結末!貴ノ岩の引退届けを協会受理

2018年12月7日

付け人への暴行から千賀ノ浦(元隆三杉)
部屋謹慎となった貴ノ岩。その貴ノ岩が引退
届けを提出と報じられた。貴ノ岩は昼ごろ
国技館に赴いたものの、なかなか出てこず、
夕方になって協会が引退を受理したことが
報じられた。道半ば28歳で力士人生に終焉を
むかえることになった。
180517五日目十両別角度 107
<H30年5月5日目 貴乃花と貴ノ岩>

「暴行→即引退」この結論になったら今後、
暴行事件が発生するたびに踏襲されかねない。
そもそも今回の問題を貴ノ岩個人の問題と
とらえていいのだろうか。相撲界はこれまで
に表ざたになった暴行事件がいくつかあった。
その中でも新弟子暴行死事件は最悪の事態を
招いた。それでもその後暴行は繰り返されて
いる。
180722千秋楽十両 1093
<H30年7月 十両優勝>

問題はなぜ繰り返されるのか。立場が上の者
が下に暴行する体質がしみ込んでいるので
ある。力士一堂を集めて諭しても、根本的に
決別できないことはすでに証明された。自覚
がないというより、残念だが長年踏襲されて
きた体質なのである。親方連中とて例外では
なかったはずである。これでは入門に躊躇
する者が出てきても不思議ではない。
貴ノ岩の処分は昨日テレビのゲストによると
2場所出場停止という声が多かった。それは
それでいい。しかし、現実は力士生命を失う
結果となった。暴力決別宣言後というタイ
ミングの悪さはあるにしても。

181122十ニ日目幕内 474
<H30年11月12日目 貴ノ岩最後の勝利 相手千代翔馬>

昭和初期、清水川は放蕩で本場所をさぼり、
追放になった。しかし、父親が死をもって
復帰を協会に嘆願したのである。清水川は
父の名元吉を名乗り、十両から復帰した。
そして、ついに大関にまで昇進した。優勝を
3回達成した。全勝優勝した昭和9年夏場所
横綱玉錦との死闘は大一番として語られて
いる。昭和・平成で唯一の名大関と評価され
た。

貴ノ岩の暴行事件は最悪の結末を招いた。
力士人生に悔い改める道はなかったのだろう
か。

鯖を食べました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.