大相撲

玉の海梅吉氏が語る双葉山の強さ2

2018年2月20日

双葉山対玉ノ海戦は、双葉山が69連勝の途上
であったことも加わって、昭和11年夏場所の
初顔から5連敗であった。それでも唯一勝っ
たときがあった。昭和14年春場所である

実は昭和14年春場所は歴史的な場所となった。
無敵双葉山が新鋭安芸ノ海に敗れ、69連勝で
ストップしたのである。当時、双葉山が敗れ
ることを誰一人想像できなく、驚きをもって
迎えられた。この場所双葉山はアミーバ赤痢
にかかっていて体調が悪く、4敗していた。
その4敗目は玉ノ海が初めて双葉山に勝った
一番であった。
大角力 玉ノ海
<玉ノ海のブロマイド>

玉の海梅吉氏は語る。勝つには勝ったが、
わたしはその一番をほとんど覚えていない。
ただ無我夢中でとったというだけで、翌日の
新聞にのった剣ヶ峰においつめている写真を
みて、はじめて(中略)わかったような次第
である。

玉の海梅吉氏は双葉山の取口に関して、
次のように述べている。彼の相撲には、よく
いわれるところの”型”があった。わたしは
それを何回となく体験している。いかに攻め
つけても、ジリジリと攻め返されて、いつの
間にか右四つ、左上手の相手十分の体勢に
なっていた。知らず知らずのうちに型にはめ
られていたのだ。そしていったんこうなると、
もうどんなにもがいてもダメだった。
双葉
<双葉山>

また、双葉山の取口として常にどっしりして
いた腰があげられる。再び玉の海梅吉氏の
言葉を紹介しよう。双葉山はどんなときにも
腰がおりていた。つまり割れていた。だから
くずれない。くずれないからつけこめなかっ
た。彼は寄るにしても、この割れた腰を使っ
て、相手を追い詰めた。(中略)うっちゃり
を得意とするうるさい相手には、用心して
つるか、寄りながら左上手から投げた。この
投げがまた心憎い。前に出ながら、起こして
おいて投げた。だから、万に一つの仕損じも
なかった。

さらに玉の海梅吉氏は付け加える。どんなに
動いても下半身がくずれない。これがいう
ならば、技術面での双葉山のもっとも強み
であった、とわたしは思う。

双葉山対玉ノ海戦は昭和14年夏場所が最後に
なってしまった。昭和15年から東西制が復活
して、立浪部屋と二所ノ関部屋は同じ方屋に
なったため、対戦がなくなってしまった。
そのため、永遠に失われてしまった。
百円ショップをよく利用します。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑   

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.