大相撲

■福岡6日目 異なる証言、疑問に推測憶測が渦巻く事件

2017年11月17日

大関豪栄道がパワー相撲の千代大龍の猛攻に
しのいで、まわりこんだが、最後に土俵を
割った。貴景勝は落ちない。高安との突き
押し合戦は、貴景勝が優った。白鵬が星も
相撲内容も群を抜いている。

日馬富士の暴行事件はますます混迷を深めて
きた。ビール瓶は使われていない。馬乗りに
なっていないと、現場にいた白鵬が証言した。
それでは何があったのか。そこが明らかに
ならない限り、貴ノ岩兄が弟から受けた電話
内容と異なる。また、暴行するきっかけは
何だったのか。今ひとつはっきりしない。
サンスポ
<サンケイスポーツの記事>

ただ、酒の席を説教の場にするのは、野暮で
あり、酒をまずくする。サラリーマンの世界
でも酒の席を説教に利用する上司はいるが、
2度と一緒に飲むことはない。もっとも説教
ではなく、アドバイスだったとする見方も
ある。混迷を極めているのは、情報の小出し
と証言が異なるからである。
170517四日目南門 173
<貴ノ岩>

ここへきて、鳥取県警に提出した診断書と
協会の休場のさい、提出した診断書が異なる
という疑問が出てきた。右中頭蓋底骨折は
なかったというのである。ただし、その診断
書を直接見た方はいない。なぜ、異なるのか。
後の診断書は精密検査をやってわかったのか。
ケガをおして巡業に出て、症状が悪化したの
か。推測・憶測が渦巻くだけである。

ところが、最新情報でこの点は明らかになっ
た。協会の危機管理委員会が診断書を書いた
医師に聞き取り調査をしたところ、「右中頭
蓋底骨折、髄液漏の疑い」は、あくまで疑い
であって必要以上に重症の印象をもたれた
ことに驚きを感じているという。相撲を取っ
ても支障ないとまで言っている。貴ノ岩に
会った方によると元気だったという。
17フジ
<夕刊フジの記事>

暴行はもちろん許されないが、過大な被害も
どうかと思う。この際、真相を一刻も早く
明らかにして、相撲ファンが土俵に還れる
ようにしていただきたい。

今日の総合は15:10始まりでした。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.