大相撲

平成29年九月場所チケットネット事情

2017年8月30日

九月場所は50分でチケットが完売したという。
それは15日間全体であって、個別のねらい目
は五月場所より時間的余裕があったように
感じた。にもかかわらず、15日間の完売時間
が短いのは、別の理由があるのでは、と思わ
ずにはいられない。番付が発表され、初日が
刻々とせまるなか、チケットは今どういう
状態か。影響力の大きいネットを見てみよう。
なお、数値は8月30日18時台のモノである。
チケット1
いくつかサンプルを抜き出してみる。

初日
マス席は32件ある。値段は1枚あたり11350円
~46000円である。マス席といってもAからC
まであるので、一概にいえないが、場所が
近いせいか、安値はさほど高くない。イスは
38件掲載され、1枚当たり8500円~30000円と
こちらままだまだ高い。

4日目 
マス席は14件と初日と比べると極端に減って
いる。値段は1枚あたり11000円~25000円で
ある。イス席は9件掲載である。こちらも
同様に少ない。値段は1枚当たり、7480円
(イスC)~17900円(イスA)とけっこう高い。

7日目 
マス席は8件と残りわずかの状態になって
きていた。値段は1枚あたり、15900円~
19000円である。値段はまだまだ高い。イス席
は対照的に47件もあり。値段は1枚あたり、
5700円~22000円とマス席より高いイス席が
ある。
チケット2
11日目 
マス席は27件と後半だけあっていくぶん時間
的余裕があるのか、件数は多い。値段は1枚
あたり、9000円~48900円である。ここで定価
以下の値段が登場している。イス席はなんと
49件もある。値段は1枚あたり、5000円~
22000円である。高値は定価の倍以上の値段で
ある。

14日目 
マス席はだいぶさばけたのだろうか、17件で
ある。値段は15150円から42000円である。
あまりの破格の値段に、テレビ桟敷のほうが
はるかにいいと思えてしまう。イス席は64件
とけっこうな数が掲載されている。値段は
1枚あたり、7500円から20500円である。人気
の14日目といえども首をかしげたくなる値段が
ある。
チケット3
千秋楽 
千秋楽は特別な日である。協会ご挨拶、各段
の表彰、是より三役、表彰式、優勝パレード
など多々ある。マス席は31件掲載。値段は
1枚あたり、13000円~68000円である。イス
席は77件あって、1枚あたり、9400円~30000
円とびっくりするような値段である。

「高額チケットよりテレビさじき」といわれ
ている。無理に高額チケットを求めない。
良心的な価格で販売しても購入者が高値で
売ることがあるから世も末である。大相撲は
ひともうけする手段ではない。大相撲ファン
は苦々しく思っている。特に冬の時代を支え
たファンは。どうしても生で見たい方は当日
券を購入するか、期日が近づきネット値段が
下がるのを待つのも1つの方法である。

ハードディスクとコードを設定しました。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.