大相撲

年3、4場所時代の年間最多勝

2016年10月27日

今年の年間最多勝は常連の白鵬ではなく、
日馬富士と稀勢の里の争いになることは既に
書いた。年間最多勝は場所数の増加とともに
設立された。昭和32年、福岡で本場所が開催
されることによって年5場所になったときから
始まっている。翌年、名古屋開催が加わり、
年6場所となり、現在に至っている。

食料不足、戦地から復帰した檄やせの力士、
相撲部屋の傾き、国技館の没収など戦後の
混乱期を経て、大相撲は場所を徐々に増や
してきた。昭和24年から年3場所に、昭和28
年から年4場所になった。この時期は群雄
割拠の時代といわれている。要するに絶対的
強者がいなく、東富士、千代の山など複数の
強者が競い合っていた。そんな時代、年間
最多勝となった力士は誰だったのか。それが
以下である。
年3_4場所時代の年間最多勝A
まさに群雄割拠にふさわしい結果が出た。
横綱絶対ではない。昭和24年は同成績が4人
出たが、それを入れて横綱が年間最多勝を
獲得したのは、わずか2回である。東富士の
名前は出てこない。これは全般的に横綱の
休場が多いことが影響している。昭和25年は
地位も平幕から関脇で人気抜群の吉葉山が
最多勝を獲得している。このなかに大内山の
名が出てくるとはまったく予想外の結果で
あった。
栃錦
<栃錦のブロマイド>
 
優勝回数0も目立つ。優勝しなくても取れる
年間最多勝。逆にいうと優勝しても、不成績
が同居しているのである。2回優勝して年間
最多勝をとったのは、昭和29年の栃錦のみ
である。このときは14勝1敗の連続優勝で
横綱昇進を決めた。また、栃錦は年間最多勝
を3回と最も多く獲得している。ただ、栃錦は
横綱になって苦しんだ時期があり、この時点
ではまだ、絶対的強者ではなかった。

年間最多勝の成績は勝率8割未満がほとんど
である。8割を超えたのは昭和26年の照國と
昭和31年の若ノ花のみである。照國は15戦
全勝優勝が有効に働いた。若ノ花は大関に
昇進してから好成績を残してきた。それ以前、
内容はいいが、星数が足りなかった。不慮の
事故から愛児をなくし、数珠をかけて場所
入りした。土俵の上では鬼のような強さを
発揮した。その場所がここに含まれている。
初代横綱若乃花
<土俵の鬼若乃花>
年3、4場所時代の年間最多勝は群雄割拠
以上の結果をもたらした。それは同時に栃若
時代を予感させる時期でもあった。

大相撲の資料を見るとつい読みふけって
しまう。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.