大相撲

■秋12日目 照ノ富士の敗戦が影響を及ぼす横綱問題

2015年9月25日

この日、国技館に歓声が響いた。座布団が飛んだ。照ノ
富士が思いがけない1敗を栃煌山にきっした。栃煌山の
これしかない双差しに土俵をわった。同時に相手に十分
の体勢を許す照ノ富士の弱点がまたもや露呈した。照ノ
富士の敗戦で優勝争いは面白くなったと思う方がいる一
方、もう少し大局的にとらえると憂慮すべき面が浮き彫
りになってきた。
150924十二日目幕内 738
今日の1敗は痛恨の1敗であった。また、相撲内容から
相手十分をやすやすと許す敗戦は横綱を目指す者として
未熟である。そう、照ノ富士の優勝は単に優勝という話
ではない。すべてが横綱昇進に直結しているのだ。

照ノ富士がこの場所優勝しても横綱昇進はない。だが、
次の場所へつなげるためには優勝レベルを上げておく必
要がある。そのためには14勝1敗で優勝しておきたいと
ころである。13勝2敗の優勝では次の場所の優勝レベル
が高くならざるを得ない。一番話にならないのは優勝を
逃したときである。
150924十二日目幕内 743
旭富士以降の横綱7人はすべて連続優勝で横綱に昇進し
てきた。鶴竜でこの原則はくずれた。照ノ富士には文句
なく連続優勝をしかも好成績であげていただきたい。横
綱にするというより、なるにふさわしい存在でなってほ
しいからである。
150924十二日目幕内 751
年6場所制のもと、本来ならば2場所連続優勝というの
は一時的な勢いだけでできてしまう可能性がある。その
結果同じ横綱といってもかなり差ができてしまっている。
5場所連続12勝以上でその間3回優勝という基準なら、
文句のない横綱が誕生する。照ノ富士にはこれを満たす
くらいの横綱誕生であってほしい。理想であるが。

残り3日間照ノ富士はどういう相撲をとるか。横綱への
足がかりとなるか。大切な一番一番となる。

いつもご愛読ありがとうございます
よろしければ下部2カ所をクリックして応援してください。
”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 


相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑       

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.