大相撲

横綱の優勝率

2015年5月4日

日馬富士、鶴竜は優勝から遠ざかっているだけではない。
優勝争いがほとんどできていない。白鵬が6連覇中、唯一
優勝争いになったのは2014年十一月場所の千秋楽、1敗
白鵬対2敗鶴竜の一番のみである。

優勝できないということは横綱としての存在感が薄れる。
鶴竜はいまだ横綱優勝がない。日馬富士は8場所優勝から
遠ざかっている。過去にも優勝の少ない横綱はいた(どち
らかといえば弱い横綱が多いが)。今両横綱は横綱の
優勝率ではどのくらいに位置するのか、実質地位化した
常陸山以降を調べてみた。
20120928日馬でず入り 090
<日馬富士の土俵入り>
 
順位 横綱    場所数 優勝回数 優勝率     備考
1   白鵬      46   31    0.6739   2015年三月場所現在
2    朝青龍    42   23    0.5476   出場停止2場所含む
3    双葉山    17    9    0.5294
4    太刀山    14   7    0.5
4    大鵬        58        29      0.5
6    千代の富士59        29      0.4915
7    栃木山      15         7      0.4667
8    常ノ花       20        8      0.4
8    玉の海       10         4      0.4
10   北の湖      63        22     0.3492
11   大錦         12         4      0.3333
11   玉錦         12         4      0.3333
13   若乃花      26         8      0.3077     初代
14   貴乃花      49        15      0.3061
15   北の富士   27         7      0.2593
15   武蔵丸    27         7      0.2593
17   輪島   47        12      0.2553
17   東富士  20         5      0.25
19   三重ノ海    8         2    0.25
20   栃錦          28         6     0.2143
21   北勝海       29         6    0.2069
22   羽黒山      30          6    0.2
23   常陸山      22         4    0.1818   優勝制度以前の最高成績含む
24   曙             48 8    0.1667
25   佐田の山    19         3    0.1579
26   鏡里          21         3    0.1429
27   隆の里      15         2    0.1333
27   日馬富士  15          2    0.1333   2015年三月場所現在
29   宮城山      17         2    0.1176   東西合併以降
30   琴桜           9         1    0.1111
30   旭富士       9         1    0.1111
32   若乃花       28       3    0.1071   2代目
33   千代の山   32        3    0.0938
34   柏戸          47        4    0.0851
35   梅ヶ谷       24       2    0.0833    2代目優勝制度以前の最高成績含む
36   照国          25       2    0.08
37   西ノ海       15       1    0.0667    3代目
38   朝潮          17       1    0.0589
38   栃ノ海       17       1    0.0589
40   大乃国       23      1    0.0435
41   鳳             11       0       0
41   西ノ海         5       0       0           2代目
41   武蔵山        8        0       0
41   男女ノ川    12       0       0
41   安芸ノ海     8        0       0
41   前田山        6        0       0
41   吉葉山      17       0       0
41   双羽黒       8        0       0
41  
若乃花      11       0       0         3代目
41   鶴竜          7        0       0          2015年三月場所現在

ここでも白鵬の数字は抜群である。年に4回のペースで
優勝している計算になる。第2位の朝青龍も一人横綱
時代が長く、着実に優勝してきた実績と事実上の強制
引退だけに晩年の不成績がない分いい数字になったと
思われる。横綱優勝回数2位の大鵬は横綱優勝率5割と
2場所に1回の優勝ペースである。同じく横綱優勝29回の
千代の富士は5割弱で大鵬に迫る記録である。

年2場所時代では横綱優勝率は無敵双葉山、45日(一突き
半)のてっぽうの太刀山、鉄壁の筈押しの栃木山とそう
そうたる大横綱が上位に名前を連ねている。5割で年1回
優勝している計算になる。栃木山は3連覇して事実上
引退しただけに、そうでなければどこまで優勝回数を
のばしたか想像もつかない。今も語り草となっている
のが1931(昭和6)年の大日本選手権である。元栃木山の
春日野は年寄として参加して沖ツ海、鏡岩、玉錦、天竜
など現役を倒して優勝してしまった。
140323千秋楽表彰 050
<鶴竜初優勝>
 
さて、日馬富士と鶴竜はいかがか。日馬富士は10場所に
1.1回の優勝ペースである。最近は横綱としての存在感が
薄くなっているだけに立ち合いからの鋭い突っ込みで
五月場所こそ復活日馬富士の雄姿が見たいところだ。
五月場所が面白くなるか否かは日馬富士にかかっている。

鶴竜は早めに優勝しておきたい。横綱優勝なしは吉葉山の
17場所、男女ノ川の12場所があるが、これに迫ることは
避けたい。鶴竜優勝はとりこぼしをしないことと白鵬との
直接対決で勝利することである。稽古総見では申し合いを
しなかった鶴竜だが、休場あけで優勝した例はある。
それだけにあきらめないで場所でペースをつかんで優勝
争いに加わっていただきたい。

記事をお読みいただきありがとうございます
よければこちらをクリックいただけると幸いです。”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


相撲 ブログランキングへ 

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.