大相撲

幕下以下の年齢

2015年4月26日

以前こういうことを書いた。将棋界が26歳までにプロで
ある四段になれなければ養成機関である奨励会を退会
させられる。そのため奨励会員は誕生日がこわいという
話を。それを幕下以下の力士にあてはめるとどうなるか。

その最新版を調査してみた。前回は元十両の幕下力士は
除外したが、実情はなかなか復帰できない元関取、復帰の
メドが難しい年齢で三段目にいる元関取がいるので今回は
区別しなかった。また三月場所の成績で十両昇進が決定
している力士は除外し、逆に十両から陥落が予想される
力士を加えた。年齢は2015年4月30日現在で分類した。

その結果幕下以下の力士で、昭和生まれ、平成元年4月
30日までに生まれた26歳以上は33.3%と(前回調査は27.7
%)約193人いた。中には40歳を超える方までいた。将棋
界なら将来を考え強制退会だが、相撲界にはそうした
規定はない。もっとも1957(昭和32)年に幕下まで25場所
以上かかった場合は廃業とする規定ができたが、現在は
ない。
150316九日目幕下 009
<三月場所二番出世 何人が関取になれるか>

あの人は今的な記事で元力士が言っていたが、相撲部屋を
出て自分で生活するといかに大変かわかった、と。そう
相撲部屋は衣食住が保障されているだけに居心地がいい
面があるのは否定できない。そして幕下以下の力士全員の
幸福はないという現実もある。

【番外】鏡山部屋力士数2人、井筒部屋力士数4人と
なかなか力士数が増えないこの2部屋の行く末が気に
なる。

ご愛読まことにありがとうございます
よろしければ下部2カ所をクリックして応援してください。
”土俵の目撃者”
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 


相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑  

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.