大相撲

三月場所注目の取組

2015年3月6日

8日から三月場所が始まる。記者あるいは社によっては
白鵬の審判クレーム問題の真意を質したいが、白鵬が無視、
あるいは質問をさえぎる姿勢を批判している。それは
それでいい。

それなら昨年「You Tube」に投稿された協会の
裏金授受問題についてなぜ追及がなかったのか。知らない
方のために補足するなら相撲協会顧問兼危機管理委員会で
理事長の右腕といわれる人物が協会とライセンス契約を
結んだパチンコ製作企業との契約に関する裏金を受けとる
様子が流されたのである。これは本来なら公益財団法人が
取り消しになってもおかしくないほどの重要問題のはず
である。

話を戻すと白鵬は記者との軋轢のなかで平常心で相撲が
取れるのか。おかしな見方だが、どうしてもそこに注目が
いってしまう。まず、白鵬をめぐる3番を予想してみる。

白鵬38○○●○○○11稀勢の里
一月場所後白鵬が審判部にクレームをつけたいわくつきの
一番。三月場所で幕内50回目の記念すべき?対戦となる。
対戦成績は白鵬が大差をつけているが、63連勝や43連勝を
ストップされるなど痛恨の1敗は稀勢の里につけられて
いる。白鵬が対戦成績ほど安心して取れない危険な相手で
あることは間違いない。速攻なら白鵬、もつれると稀勢の
里に分が出てくる。白鵬の心理しだいでは思わぬミスが
出る可能性がある。
150123十三日目幕内 1043
<白鵬対稀勢の里 2015年一月場所>
 
白鵬30●○○…○○17日馬富士
久々に千秋楽結びの一番になる。問題は優勝を争いとなる
決戦になるかである。日馬富士が横綱に昇進して千秋楽
結びの一番で白鵬と優勝を争ったのはわずか1番にすぎ
ない。10番は優勝を争えていない。日馬富士が鋭い立ち
合いと取りこぼしがなければ見ごたえのある取り組みと
なろう。7場所優勝から遠ざかっている日馬富士としては
ここらで快勝しておきたいところだ。

白鵬3………○○○0照ノ富士
新しい力照ノ富士は一月場所白鵬に善戦したが、及ばな
かった。遠藤が上位で勝てず、大砂嵐が相撲を悪くして、
上位に浮上できない今、期待は照ノ富士にかかっている。
白鵬の壁を超えられるか。勝機は離れて取るか相手に上手
を与えない体勢をつくればチャンスである。白鵬戦に
勝利すれば照ノ富士は一挙に飛躍する。
150114四日目幕内 1946
<白鵬対照ノ富士2015年一月場所>
 
日馬富士30○●○…○○21稀勢の里
一月場所は日馬富士の一方的な相撲で完勝であった。
このところ稀勢の里は3連敗中である。稀勢の里の
相撲が通じなくなってきている。それだけに立ち合いの
当たりで先手を取りたい。突き押しで攻め立てて勝機を
見出したいところである。最近の稀勢の里は鋭さが薄らい
でいる。ここで勝利しないとズルズル後退していきそう
である。

鶴竜2………●○○1逸ノ城
初顔で新入幕に不覚をとった鶴竜だが、連勝して面目を
保った。ただ、十一月場所は苦戦で長い相撲になったが、
辛抱でしのいだ。それだけに鶴竜にとって取り易い相手
ではない。うまさだけではなかなか楽に勝たせてもらえ
ない。鶴竜は食い下がって上手を取らせない体勢をつくり
たい。逸ノ城は圧倒的体格で攻め立て、組んでも胸を
あわせたいところである。

鶴竜3………○○○0照ノ富士
照ノ富士が横綱から勝利するとしたら可能性が一番
高いのが鶴竜である。もっとも日馬富士は同部屋
なので対戦はないが…。照ノ富士は鶴竜のうまさを
封じるために立ち合いから圧倒したい。追い込んで
から四つ身に持ち込み、胸を合わせたい。鶴竜は
拝む体勢で照ノ富士の体勢をおこしたい。あるいは
双差しから寄り立てたいところである。

稀勢の里1………●●○2逸ノ城
一月場所ようやく勝利した稀勢の里だが、対逸ノ城戦は
不安要素を抱えている。一月場所は不調だった逸ノ城だが、
三月場所は復調しなくては相撲は面白くない。本来なら
稀勢の里のパワー対逸ノ城のパワーの真っ向からの激突を
見たいところである。

琴奨菊13●●●○○●18豪栄道
一月場所千秋楽、豪栄道が勝利して8勝目をあげ、カド番
を脱出した。以前は大関互助会で互いに助けあっていた
ようにしか見えない時期があった。豪栄道はそのような
ことをしないので、苦しみの中からつかんだ勝利である。
順当なら三月場所も千秋楽に当たるが、優勝争いにからむ
一番になってほしいところだ。豪栄道が琴奨菊のあたりを
まともに受けずに出し投げで力をそらせることができるか、
立ち合いあたった瞬間まわしをとりたいところだ。琴奨菊
は立ち合いあたり勝ちして一気に出るか、有利な四つ身で
がぶって出たいところである。

照ノ富士1…………○●1逸ノ城
一月場所は水入りとなった一番である。両者がっぷり
四つでは互いに決め手に欠ける。長い相撲を取ると両力士
ともその後の取組にスタミナに影響を及ぼすことになる。
相手に上手を与えない、あるいは相手の上手を切る技術を
身につけるのは照ノ富士か逸ノ城か。進歩をとげた力士が
勝利をつかむ。
150124十四日目幕内 1028
<水入りとなった照ノ富士対逸ノ城2015年一月場所>
 
ほかに新十両同士の阿炎対石浦戦も注目に値する。一番
一番内容のある相撲を期待する。

いつもご愛読ありがとうございます
下部2カ所をクリックして応援してただければ幸いです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑   

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.