大相撲

■22福岡千秋楽 大波乱!巴戦制した阿炎が初優勝

2敗高安か3敗阿炎か。直接対決は後半3番後に迎
えた。相撲は、突き押しの激しい応酬となった。高
安が前に攻め込むが、阿炎はまわり込んでの反撃。
目まぐるしいまでの攻防のなかから、阿炎が踏み込
み、向こう正面に高安を突き倒した。

<3敗阿炎、2敗高安を倒す>

高安はせいいっぱい攻め込んだ。必死の高安だった。
だが、阿炎はひるまないどころか思い切って攻め込
む。追いかける阿炎の方が、気持ち的にゆとりがあ
ったように見えた。これで少なくとも両力士による
優勝決定戦は確実になった。

これに3敗貴景勝がからむか。結びの貴景勝対若隆
景戦は俄然注目を浴びた。相撲は、貴景勝の押しの
型だが、気をみて若隆景をはたき込んだ。貴景勝の
ペースだった。貴景勝が優勝決定戦に加わることに
なり、巴戦へ突入することになった。まさに予想で
きない展開となった。

優勝決定巴戦は高安対阿で始まった。突っ込む高安
に阿炎が変わってはたき込み。勝負は一瞬でついた。
高安はどこか痛めたのか。すぐには立てなかった。
人の助けが必要なほどだった。この後巴戦に加われ
るのか、気になった。

<一瞬の変化!阿炎、高安を瞬殺>

阿炎対貴景勝の優勝決定巴戦2戦目。阿炎は本割で
は大関戦はなかった。だから貴景勝が優勝巴戦に出
場してくれたことで大関戦が実現した。相撲は、阿
炎の突きがさえまくり、最後貴景勝を押し出した。
優勝決定巴戦は最低の2番で終わり、阿炎の予想外
の優勝で幕を閉じた。

<貴景勝を圧倒!阿炎の初優勝が決定>

場所の途中でも阿炎の優勝は予想できなかった。ま
さに大波乱のなかの土壇場の優勝決定であった。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.