大相撲

玉鷲は再び勝てるのか

先場所久々に2回目の優勝をした玉鷲。俄然十一月
場所の注目が集まる。今年(2022年)にはいって久
々の優勝、初優勝が多い。そして翌場所あるいは、
それ以降の成績が芳しくない傾向が出ている。

1月御嶽海→11勝4敗以後大関降格
3月若隆景→9勝6敗
5月照ノ富士→11勝4敗 3場所休場で1回きり優勝
7月逸ノ城→6勝9敗

どうも好成績が続かないのが今年の優勝力士の特徴
である。逸ノ城は負け越している。かつて高見山が
平幕優勝した翌場所5勝10敗で大敗したとき、解説
の玉の海さんは「本当に地力でできた優勝だったの
か」と不可思議な思いを口にしていた。

<優勝玉鷲>

玉鷲も最初の優勝の翌場所、5勝10敗と大負けして
いる。それだけに玉鷲の十一月場所がどうなるのか
気になる。優勝となるとほかの力士の玉鷲を見る目
が違ってくる。有利な面もある。横綱・大関が手薄
である点だ。照ノ富士の出場は両ひざ手術後とあっ
て難しい。

玉鷲は13勝2敗で優勝している。その2敗は大波兄
弟、すなわち若隆景と若元春にきっしている。若隆
景との対戦成績は2勝6敗と負け越している。強敵
である。若元春とは先場所が初対戦であった。今場
所は対戦圏内であり、先場所負けているだけに組ま
れそうである。今度はリベンジを果たさなくては面
目がたたない。

<玉鷲、若隆景に敗れる>

玉鷲にとって強敵になる力士は霧馬山である。初戦
から5連敗して七月場所ようやく1勝した。優勝し
た九月場所は強敵にも関わらず、なぜか対戦がなか
った。十一月場所の対戦は避けられない。御嶽海に
は5勝27敗と大差をつけられている。ただ、ここ3
場所は御嶽海に精彩がなく、玉鷲が2勝1敗の成績
である。玉鷲対御嶽海戦は御嶽海しだいである。

<霧馬山>

大関戦はどうか。貴景勝には1不戦勝を含む8勝12
敗である。ここ1年でも1勝3敗である。大関だか
ら当然だが、やりにくい相手である。正代には12勝
10敗と勝ち越している。ここ1年では3勝3敗と、
ほぼ互角の戦いをしている。正代は今年5場34勝
41敗だけに勝っておきたいところである。

要注意が互角か互角に近い力士である。
豊昇龍 3勝4敗
琴ノ若 3勝4敗
翔猿  2勝2敗
高安  16勝16敗(1不戦勝あり)
明生  4勝3敗

<琴ノ若>

こうした面々と対戦する玉鷲は簡単には勝てない。
成長途上の豊昇龍 琴ノ若も入っている。琴ノ若戦
は九月場所なぜかなかった。玉鷲の相撲は先に攻め
ての勝利が多い。もつれたり、攻め込まれたりする
と危ない。九月場所の優勝力士はきたる十一月場所
どういう結果を残すのか。場所は近づいている。 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.