大相撲

横綱の連続休場5

北勝海は千代ノ富士の弟弟子で自己の限界以上の力を発揮した
横綱であった。惜しむらくは連続優勝と全勝優勝がなかった
ことである。横綱6場所目の千秋楽の不戦敗後3場所連続全休
して、46連続横綱休場している。優勝4回目のあとのことで
あった。これだけでは終わらなかった。最後の優勝8回目の
4場所後から23連続休場している。4場所連続休場して平成
4年五月場所前に引退した。まだ、28歳であった。

<北勝海>

大乃国が千代の富士の連勝を止めたとき「おれだって横綱だ」
という言葉を発している。しかし、大乃国は横綱として弱い
横綱であった。横綱在位23場所だが、12勝以上は5場所9勝
以下は13場所だった。4場所連続全休があり、60連続横綱休場
となった。大鵬の57連続休場を更新している。師匠放駒(元
魁傑)が決断して引退となった。28歳の若さだった。

<大乃国>

旭富士は遅れてきた横綱だった。双羽黒優勝なし横綱昇進だけ
でなく、その後も優勝なしだった反省から2場所連続優勝が
横綱昇進の絶対条件であった。旭富士は12勝-12勝-14勝-
13勝-13勝をあげながら横綱に昇進できなかった。引退直前に
不戦敗を含み25連続休場している。翌場所引退している。横綱
在位9場所だった。

<旭富士>

曙は同期の貴乃花、若乃花に先んじて横綱に昇進した。曙の
突きは脅威であった。これで若貴も一気にもっていかれて
いる。7回目の優勝直後34連続休場している。さらに7場所後
28連続休場している。9回目の優勝後3年優勝できなかった
時期がある。そのとき3場所連続全休し、45連続休場して
いる。その3場所後27連続休場した。最後は師匠東関(元高見
山)とうまくいかないまま引退した。

<曙>

貴乃花は下のころから注目され、期待に応えて出世した。
ただ、横綱昇進は苦労した。2場所連続優勝が絶対条件だった
時期であった。14勝優勝-11勝-15勝優勝でも横綱に昇進でき
なかった。「りっぱな成績だと思うがね」と師匠であり父親の
元貴ノ花はなげいていた。貴乃花は平成13年の14日目武双山戦
で致命的な負傷をした。千秋楽は鬼の形相で武蔵丸に優勝決定
戦で勝ったが、翌場所から休場した。全休は7場所におよび、
105横綱連続休場という最高数字を記録してしまった。

<貴乃花>

若乃花は横綱になったものの、ついに横綱優勝はなかった。
横綱在位11場所と短命で5場所休場がある(途中引退場所は
含んでいない)。そこで23連続及び30連続横綱休場がある。
横綱よりも大関時代のほうが、成績がよかった。

<若ノ花>

(この項目続く)

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.