大相撲

史上最強の三段目朝乃山

朝乃山が七月場所から土俵に帰ってくる。朝乃山の
最後の出場は2021年五月場所11日目だった。1年以上
の出場停止だったわけである。博打の処罰と開きが
あり過ぎる論議まであった。長かっただけに朝乃山
待望の機運はあり過ぎるほどあった。朝乃山を見に
名古屋まで行くファンがいるほどである。

<日刊スポーツの記事>

三段目西22枚目からの再スタートだが、ケガで番付を
下げたわけではない。その点が照ノ富士や宇良とは
異なる。出場停止中でも地方場所に同行するのは許さ
れていた。それだけに稽古さえおこたらなければ元
大関の実力は十分にある。朝乃若や幕下との稽古が
伝えられている。

<朝の山>

以前、出場停止で幕下から復帰した阿炎は連続幕下
優勝して十両に戻した。同じく竜電は幕下優勝と6勝
1敗で十両に復帰した。こうした先例から三段目相手
の朝乃山が苦戦するとは考えられない。幕下はある
程度体ができ、技術も身についてくる。三段目はそこ
までいかない。だから朝乃山は史上最強の三段目力士
になる。

<十両優勝した阿炎>

朝乃山の復帰ロードはどうなるか。まず、2場所連続
優勝すれば幕下上位に位置する。そこで優勝、もしく
は好成績をあげれば十両に戻れる。阿炎は十両を2場
所で通過している。十両3場所目になる竜電も再入幕
寸前である。阿炎は入幕3場所目には関脇にあがって
いる。朝乃山にもそれくらいは期待できそうである。

朝乃山の土俵復帰、人によってはこれが最大の場所の
見所になる。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.