大相撲

2022年5月相撲部屋勢力

力士の育成は相撲部屋とともにある。そこは
鍛錬の場であり、生活の場でもある。相撲
部屋の目標は強い力士を一人でも多く育てる
ことにある。そこで五月場所の番付をもとに
相撲部屋の勢力分布を表にしてみた。

<名門出羽海部屋>

幕内は横綱・大関との対戦圏内の4枚目と
それ以外の平幕を区別した。次の関取をうか
がう幕下まで範囲を広げてみた。幕下も十両
昇進圏内の15枚目以内と16枚目以降を区別
した。それが以下である。

相撲部屋最大の勢力は横綱照ノ富士を擁する
伊勢ヶ濱(元旭富士)部屋である。やはり
横綱の存在はとてつもなく大きい。大関とは
比べものにならない。

<照ノ富士>

照ノ富士は間垣(元2代目若乃花)が退職
するとき、同郷(青森)の伊勢ヶ濱に託した
弟子であった。照ノ富士を大関に、さらに
序二段まで落ちた照ノ富士を横綱にまで育て
たのは伊勢ヶ濱の手腕であった。

<伊勢ヶ濱>

幕内常連の宝富士、照強もいる。翠富士は
幕内に復帰した。横綱の土俵入りを部屋だけ
でまかなえる。十両に錦富士も控えている。

続く相撲部屋が追手風(元大翔山)である。
大栄翔が再小結に、遠藤が幕内上位に位置
した。遠藤はベテランの域にはいってきた。
大相撲人気回復のきっかけは遠藤の登場だっ
た。なにしろ十両を1場所で突破したので
期待された。

<追手風>

ほかに翔猿がいるが、新入幕の場所正代と
優勝を争って以来注目度が薄くなっている。
十両は剣翔、大翔鵬、大奄美、大翔丸といる
が、全員元幕内である。

さらに続く相撲部屋が木瀬(元肥後ノ海)
部屋である。人気者の宇良がいる。志摩ノ海
が幕内にいるが、横綱・大関戦が遠ざかって
いるのが物足りない。十両には幕内優勝者の
徳勝龍、幕内復帰を目指す英乃海。美ノ海が
十両尻で残った。

<宇良>

この部屋は幕下の層がとにかく厚い。幕下
15枚目以内に4人いる。これは春日野部屋と
並んでタイ最高である。この中には先場所
幕下優勝した金峰山がはいっている。幕下
16枚目以降に7人いる。これは単独最高数で
ある。

大関貴景勝の存在が大きいのが常盤山(元
隆三杉)部屋である。上位に定着している
隆の勝もいる。今では少なくなった元貴ノ花
の弟子だった貴健斗が十両尻にいる。ただ、
この部屋は幕下に一人もいないので、関取は
当分誕生しそうもない。

<常磐山>

時津風(元土佐豊)部屋も正代の存在が大き
い。このところ上位から遠ざかっている豊山
がいる。十両はいないが、幕下上位に1人、
幕下16枚目以降に吉井など5人控えている。

今後ランクアップしそうな相撲部屋が佐渡ヶ
嶽(元琴ノ若)部屋、立浪(元旭豊)部屋、
荒汐(元蒼国来)部屋である。いずれも若手
が強くなって番付をあげていきそうである。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.