大相撲

三賞の4連続以上の受賞4

引き続き4連続三賞受賞者をみていこう。

■保志 6連続受賞
保志は昭和58年九月場所、20歳で入幕した。
相撲は突き押しを中心とした。入幕3場所目
で小結、なおかつ上位に定着した。入幕9場
所目からは関脇・小結に定着するようになっ
た。若さあふれるスピード出世であった。

<保志改め北勝海>

6連続三賞は関脇・小結に定着6場所目から
5場所かけての記録である。技能-技能-
殊勲・技能-敢闘-殊勲である。このあと
大関に昇進した。殊勲と技能のダブル受賞の
ときに初優勝している。昭和60年十一月場所
から61年七月場所までのことである。自己の
限界以上の力を発揮した。千代の富士ととも
に九重(元北の富士)部屋の黄金時代を築い
た。

■益荒雄 4連続受賞
差し身と速攻の相撲で白いウルフと呼ばれた
益荒雄。旋風をおこしたのは昭和62年三月
場所であった。このとき横綱千代の富士・
双羽黒、大関大乃国・朝潮・若島津を倒して
殊勲賞を受賞した。4連続三賞受賞の途中で
あった。昭和61年十一月場所から敢闘-技能
-殊勲-殊勲であった。ただ、このとき以外
の三賞は1回しかない。全盛期は短く、益荒
雄の三賞は集中型であった。

■霧島 4連続受賞
時代は平成に入った。霧島は入幕してから
上位で勝てない日々が続いた。入幕28場所目
の小結では1勝14敗と大敗している。これが
きっかけで霧島は肉体改造にはいった。筋肉
質の体をつくり、和製ヘラクレスと呼ばれた。

<霧島>

大敗から2場所後の平成元年五月場所、上位
で初めて勝ち越し、殊勲賞を受賞した。4連
続三賞はその年の十一月場所からであった。
技能-殊勲-殊勲・技能を受賞した。この後
霧島は大関に昇進した。

■琴錦 6連続受賞
強豪関脇琴錦の幕内生活は11年に及んだ。
そのなかで三賞を受賞しなかった年は入幕の
年4場所と引退の年ともう1回しかない。
つまり琴錦は8年間三賞を受賞してきたわけ
である。琴錦は平幕で2回優勝しているが、
6連続三賞受賞は優勝にからまないときで
あった。

<琴錦>

それは入幕6場所目の平成3年五月場所から
から始まった。敢闘-殊勲-殊勲-敢闘・
技能-技能であった。琴錦といえばF1相撲
といわれるほどのスピード相撲だった。突き
押し、差し身がよく、出足とともに見る者を
魅了した。舞の海がフェイント気味の立ち
合いをしても委細かまわず土俵下へふっとば
した。技能賞が8回と最も多かった。

(この項目続く)

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.