大相撲

2022年三月場所総評

★2019年以来久々に戻ってきた大阪場所だが。
ファンは待ち望んだが、コロナ禍ではまだ
まだ人気回復まではいっていない。大阪場所
は常に15日間最初の取組から結びまですべて
観戦する友人がいる。その彼にしても通常
開催を待つという。酒、弁当、声援が御法度
の現状では躊躇するという。また、就職場所
といわれる三月場所で、前相撲が昨年に引き
続きなかったのが寂しかった。

★休場力士について
関取休場は3人と少なかった。石浦・千代の
国は再出場してきた。ただ、照ノ富士は横綱
4場所目で休場となってしまった。今度出場
するときは万全であることを望む。中途半端
はいけない。

<休場した照ノ富士>

★優勝争いについて
優勝した若隆景はじめ高安、琴ノ若は場所を
盛り上げた。場所前は優勝候補にあがって
いなかったのだからよくやった。三つ巴と
いうカタチも興味をつないだ。優勝若隆景
はうまさに速攻が加わった。超速の進歩だっ
た。千秋楽3力士が負けたのは、まだ絶対的
な力ではないことを示した。

<初優勝した若隆景>

★3大関に関して
横綱休場のなか、最後まで優勝争いに加われ
ないのでは看板が泣く。優勝争い3力士との
対戦成績と最終成績は以下だった。

正代 2勝1敗 最終9勝6敗
貴景勝1勝2敗 最終8勝7敗
御嶽海1勝2敗 最終11勝4敗

2ケタ勝ったのは御嶽海だけだった。その
御嶽海もあっけなく敗れる一番が目立ち過ぎ
た。また、正代対御嶽海戦がなかったのは
痛恨の2字に尽きる。

<御嶽海なにもできずに高安に敗北>

★上位は明暗が分かれた

関脇以下の上位で勝ち越した力士は若隆景、
阿炎、豊昇龍、大栄翔、逸ノ城、霧馬山で
ある。遠藤は2大関としか対戦がないので
ここには加えなかった。暗の最たる力士は
明生であろう。1勝14敗はいくらなんでも
負けすぎた。大関を目指す隆の勝も4勝11敗
と大敗した。上位の常連だった2力士は出直
しが必要である。

★三賞について

若隆景が結びで勝ったら殊勲賞というのは
意味がわからない。これまで殊勲賞は優勝
争いをして場所を盛り上げた力士が受賞する
ケースがあった。しかし、本来の基準は優勝
候補を倒した力士であるはずだ。二重基準は
おかしい。

<敢闘賞琴ノ若・高安、技能賞若隆景>

★ほかに気がついた点

地方場所は読物がつくが、今回は取組表と
ともに1枚ずつ渡された。それが9日目あた
りからなくなってしまった。後半にきたお客
さんは手にすることはできなくなってしまっ
た。

★最後に場所の採点を
65点

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.