大相撲

5年後の番付はどうなる

5年後の番付を予想することはなかなか難し
い。まず、5年前の番付、すなわち2017年
一月場所の番付をみていこう。

白鵬、日馬富士、鶴竜が横綱で、稀勢の里は
場所後に横綱に昇進した。照ノ富士はまだ
大関だった。照ノ富士が大関から降格する
のは2017年十一月場所である。

<引退した白鵬(現間垣)>

2017年一月場所から5年後、引退している
力士は3横綱、稀勢の里をはじめ17人いる。
やはり高齢で引退する力士が多いが、貴ノ岩・
大砂嵐のように不祥事でやめたケースもある。
千代鳳は幕下で低迷したまま引退した。高齢
でがんばっている力士に玉鷲、隠岐の海、
宝富士がいる。

<玉鷲>

5年後十両の力士は5人いる。輝は三月場所
で幕内に復帰することが予想される。逆に
千代ノ皇は三月場所幕下に降格するものと
思われる。

2022年一月場所の番付が下記である。

30歳以上の力士は22人と多い。現在の番付は
約半数がベテラン力士で占められていること
になる。全員が5年後引退というわけでは
なかろうが、32歳以上は厳しそうだ。30歳
照ノ富士は地位が横綱だけにまたひざが万全
でないだけに引退している可能性はある。

5年前は幕内にいなかった力士は22人に及ん
だ。そのうち6人は30歳以上である。十両
落ちは横綱・大関との対戦圏外が長い力士が
ありそうである。2021年の1年間では照強、
碧山、輝、魁聖、千代の国が該当する。輝は
実際十両へ降格している。

<輝>

一番心配なのが、5年後横綱は誕生している
のか、という点である。2017年の横綱はみな
引退し、横綱に昇進したのは照ノ富士一人
だった。それも序二段からの復活という奇跡
的な出来事だった。5年あれば横綱は誕生
するとは言い切れない。それも若く横綱生命
の長い力士となると現段階では予想できない。
この1点がどうしても気になる。

<照ノ富士>

ウクライナ情報に耳を傾けています。              。
興味深いテーマをこれからもお届けします

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.