大相撲

■福岡4日目 横綱・大関が文句なしの強さを発揮

4日目も横綱・大関は安泰だった。これが
あるべき姿であって、大関の負けぬ日はなし
大相撲では困る。次の大関はまるで見通しが
たたない。まして横綱を狙える大関となると
誰がなるのか皆目見当がつかない。その結果
横綱1人、大関2人という層の薄いなかで
当分やっていくしかない。

照ノ富士は一時負けが込んでいた阿武咲と
対戦した。優勝した三月場所でさえ負けて
いる。ただ、ここ2場所は対戦がない。相撲
は、押していくことに活路を見いだす阿武咲。
押されず踏み込む照ノ富士。攻防の中で照ノ
富士が引っ張り込んで青房下土俵に極め出し
た。今の照ノ富士は、阿武咲に対して怖さは
なくなっている。

<照ノ富士が極め出しで阿武咲から勝利>

貴景勝はリズムにのってきた。あたり勝って
先に攻め、突き落としでゆさぶるパターンで
大栄翔を問題にしなかった。先場所の連敗
スタートに懲りたのか、幸先のいい出だしだ。
正代も前に出る相撲で若隆景を一方的に退け
た。関脇の強い場所は面白いというが、本当
は大関の強い場所はもっと面白いのだ。

<貴景勝、必勝パターンで大栄翔をくだす>

三役以上同士の一番は関脇御嶽海と小結逸ノ
城戦となった。ともに土俵際はこらえない
という共通点があった。御嶽海は今場所その
印象は薄れているが。取組的にはわくわく
感はない。相撲は攻めきった御嶽海が勝って
4勝とこれ以上ない成績となった。

高安が連日長い相撲を志摩ノ海相手に取った。
長い相撲を取るのは相撲が好きだから、と
皮肉をいわれることになる。動きがとまると、
両力士の背中に行司がバンっと手形を押した
ほうが効果的とつい無責任なことを言う人が
いた。水が入るかと思ったが、高安が死力を
尽くして最後上手投げで決めた。

<長い相撲を制した高安>

横綱・大関の快進撃は果たしてどこまで続く
のか。

【福岡情報】
コロナ禍以降当日売りはあってもネット販売
であった。通常開催のときは自由席が当日
売りだったこともあり、開場窓口で販売され
ていた。その自由席、今は、消滅している。
ところが、福岡国際センターでは窓口で当日
売りがおこなわれているのだ。直接購入して
いる方の姿を見かけた。世の中にはサイトと
無縁の方がいる。新型コロナウイルス対策の
ワクチンの予約を娘さんに取ってもらった
というニュースが流れるほどである。そう
いう方にとって直接窓口でチケットを購入
できることほどありがたいことはない。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.