大相撲

正代・貴景勝の直近1年を検証

13勝2敗優勝
3勝2敗10休
11勝4敗
7勝8敗
9勝6敗
8勝7敗

これがここ1年の正代の成績である。51勝
29敗10休である。優勝は関脇時代で大関は
5場所経過した。そのうち2場所が負け越し。
クンロク、ハチナナが2場所である。九月
場所は白鵬が所属する宮城野部屋で新型コロ
ナ感染者が出たため、濃厚接触者として休場
となる。本来そんな状態なら大関が優勝を
争うべき立場だが、期待しにくい正代の状態
である。

<正代>

正代は大関になって弱くなったのか。ある
程度イエスといわざるをえない。大関は2場
所連続負け越した場合関脇に降格する。この
規定に甘えるタイプがいる。正代の真意は
本人しかわからないが、数字は大関降格規定
に甘んじている結果となっている。こうして
みると正代に大きな期待はやはりもちにくい。

12勝3敗
13勝2敗優勝
2勝8敗5休
10勝5敗
12勝3敗
1勝2敗12休

これが貴景勝の直近1年の成績である。50勝
23敗17休である。勝利数は正代と差がないが、
12勝以上が3場所あり、そのうち1回優勝
している。貴景勝のほうが優勝争いできる
可能性が高い。といってもそれが九月場所
になるかどうかはやってみなくてはわから
ない。これまで照ノ富士とは2度優勝を争っ
てきた。今度は立場が異なり、照ノ富士が
横綱で上になる。

<貴景勝>

横綱の次の地位は大関であるが、それは番付
上のことである。最高位横綱と最高位大関の
優勝回数は大差がある。貴景勝はムラが多い
とよくいわれる。確かにそのとおりだが、
貴景勝が優勝をあらそわなければ九月場所の
興味はかなり薄れてしまう。カド番優勝は
これまで8回ある。貴景勝は新たな1ページ
を書き加えるつもりで挑んでいただきたい。

大関は照ノ富士が横綱に昇進したことで弱体
化した。九月場所、結果を残せないようでは
その存在価値をさらに問われることになる。
大関の負けぬ日はなし大相撲といわれない
よう奮起を求めたい。

緊急事態宣言は何ヶ月も続くのでは。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.