大相撲

横綱白鵬の休場明け場所

七月場所、白鵬は6場所連続休場明けで、
まさかの全勝優勝を達成した。ひざのリハ
リビが思わしくない、36歳と高齢などよく
ない条件のなかで誰もが予見できなかった
結末である。白鵬がすごかったというより
まわりが弱かったという見方がある。しかし、
周囲は急に強くはならない。横綱の6場所
連続休場明けの優勝は、これまでの大鵬の
5場所連続優勝明け優勝を超えた記録となっ
た。

<七月場所優勝のの白鵬>

白鵬の休場明け場所の成績はこれまでどう
だったのか。地位に影響がない横綱に限って
みていこう。白鵬は横綱連続フル出場48場所
という記録があり、これが最高記録になって
いる。最初の横綱休場は2015年だった。初日、
2日目に連敗して始まった。隠岐の海・嘉風
とこれまで負けたことがない相手だった。
休場明けは12勝3敗とまずまずだった。
2015年9月 →12勝3敗

1年後全休した。休場明けは11勝と優勝争い
ができなかった。休場明けが優勝に直結した
のは2017年であった。この年は2場所休場
しているが、休場明けはともに優勝している。
2018年は4場所休場して、休場の多さが目立
ってきた。白鵬は3月より33歳になっていた。
優勝は1回であった。
2016年9月 全休→11勝4敗
2017年3月 2勝3敗10休→全勝優勝
2017年9月 全休→14勝1敗優勝
2018年1月、3月 2勝3敗10休、全休→
11勝4敗
2018年7月 3勝1敗11休→全勝優勝

<2018年九月場所優勝>

2019年は3場所休場、2場所優勝した。出場
すればまだ結果を出せていた。2020年はコロ
ナ禍で三月場所は無観客開催になった。その
場所で優勝している。五月場所は中止になっ
た。七月場所から6場所連続休場して直近の
七月場所で優勝した。
2018年11月-2019年1月全休、10勝4敗1休
→全勝優勝
2019年5月 全休→12勝3敗
2019年9月 0勝2敗13休→14勝1敗優勝
2020年1月 1勝3敗11休→13勝2敗優勝

<2019年十一月場所優勝>

横綱白鵬の休場明けは11回あるが、7回優勝
している。

猛暑なのにプールは閉鎖です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.