大相撲

■夏14日目 大波乱!遠藤連日の殊勲

1敗照ノ富士の優勝は堅いと思われた。3敗
遠藤がそうはいくかいとばかりに、紙一重で
照ノ富士の投げを打ち返して制した。相撲は、
遠藤が二本はいって寄り立てる。照ノ富士、
こらえて小手にかかえて投げにいく。遠藤も
投げの打ち返しで正面土俵に両力士落ちて
いった。軍配は照ノ富士。しかし、もの言い
がついて長い協議となった。遠藤の髷が微妙
だったのか。協議の結果は照ノ富士のひじが
先に落ち、遠藤の勝ちとなった。

<投げの打ち合いで照ノ富士に勝った遠藤>

照ノ富士の14日目の優勝はなくなった。照ノ
富士の敗因は脇の甘さである。妙義龍、明生
にももろざしになられている。これをなくさ
ないと苦労する相撲につながるだけである。
貴景勝は正代と対戦した。貴景勝はあたって
すばやく突き落とした。2敗となった照ノ
富士は千秋楽3敗の貴景勝と対戦する。3敗
の遠藤は大関正代と対戦する。結び2番で
優勝の行方が決定する。

<正代をくだして3敗を守った貴景勝>

千秋楽の見所は、まず、関脇高安が11勝を
あげて大関への足固めができるか。高安は
千秋楽隆の勝と対戦する。関脇・小結から
隆の勝と大栄翔が負け越しでその座を明け
渡す。新たに小結になるのは若隆景と明生
である。明生は前頭東2枚目で8勝なので、
もう1勝しておきたいところである。場合に
よっては遠藤が小結に戻るかもしれない。

<若隆景>

幕内から十両落ちするのは休場3力士、竜電、
翠富士、明瀬山である。それと幕尻の負け
越し天空海の4人が候補である。十両から
幕内入りするのは西筆頭11勝3敗の千代ノ皇、
西二枚目11勝3敗の宇良。東2枚目10勝4敗
徳勝龍である。この3人は十両優勝を争って
いる。もう一人となると東4枚目8勝6敗の
豊山である。もう1勝すれば濃厚になる。

<幕内復帰が確実な宇良>

十両から幕下に下降するのは千代鳳、美ノ海、
千代の海である。西7枚目常幸龍が3勝11敗
と微妙である。千秋楽幕下西筆頭3勝3敗の
矢後と入れかえ戦になった。幕下から十両
入りするのは、まず優勝阿炎。決定的である。
ほかに荒篤山、魁勝が有力である。東2枚目
栃丸は3勝3敗で北はり磨と対戦する。

千秋楽も大相撲を楽しめそうである。

場所中に大相撲チケットを販売するのは
賛成できない。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.