大相撲

大関の復帰2

■魁傑
花籠(元大ノ海)部屋
188センチ、128キロ
得意手は突っ張り 左四つ寄り
クリーン魁傑といわれた
魁傑は日大を中退して昭和41年に花籠(元
大ノ海)部屋へ入門した。大学では柔道部で、
段位は3段だった。輪島より入門が約2年
4カ月早い。だが、常に脚光を浴びてきた
のは輪島だった。

魁傑が注目をされたのは、昭和47年三月場所
であった。入幕4場所目、前頭7枚目で勝ち
進み、横綱北の富士、大関清國、関脇長谷川・
三重ノ海を撃破して12勝3敗で優勝決定戦に
進出した。相手は関脇長谷川だった。長谷川
は本割では魁傑に外掛けで負けているだけに
決定戦では考えた相撲をとった。魁傑が外掛
けにくるところを寄って出た。魁傑は優勝を
逃したが、存在を示した。

<魁傑の記事>

なお、昭和47年三月場所は大関清國対関脇
長谷川、関脇輪島対関脇三重ノ海戦がなかっ
た、という取組編成のお粗末さを露呈した。

魁傑は7勝-12勝優勝-11勝で昭和50年一月
場所後大関に昇進した。横綱は北の湖、輪島、
大関は貴ノ花であった。しかし、大関は5場
所しか維持できなかった。魁傑は、素材は
よかったが、相撲が窮屈な面があった。玉の
海梅吉氏はズボンの片方に両足をいれている、
と評した。

関脇から平幕まで番付を下げた。5場所後
前頭4枚目14勝1敗で優勝した。この後11勝
-11勝を続けて若三杉(2代目若乃花)と
とも に再び大関に昇進した。不撓不屈の 魁傑
に誰もが拍手した。

<魁傑>

魁傑は「休場は試合放棄」と負けが込んでも
休まなかった。この言葉は当時相当のイン
パクトをもって受け止められた。これまで
横綱・大関は負けが込むと休場があたりまえ
であった。この悪しき因習に誰もがすっきり
しないものを感じていたのを魁傑が一掃した。

2度目の大関は4場所しかもたなかった。
魁傑で忘れられないのが、2度目の大関陥落
後の3場所目の昭和53年三月場所での大関
旭国との死闘である。2度の水入りで勝負が
つかず、1番後取り直し(通常は2番後だが
残された取組は1番だった)。取り直しの
一番も水入りかと思われた直後、魁傑の渾身
のすくい投げがきまり、熱戦に終止符をうっ
た。打ち出しは18時20分を過ぎていた。

<北出清五郎著土俵に賭けるハートワーク(世界文化 社刊)の中の休まない男より>

魁傑は終始クリーンであった。おかしな相撲
は取らなかった。この1点だけで高く評価
できる。これは弟子の大乃国に引き継がれて
いった。がちんこ大乃国が千代の富士の連勝
をストップしたのは歴史的必然であった。

照ノ富士は果たして大関にカムバックできる
のか。三月場所が注目される。

(この項目終わり)

SDカードケースを購入しました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.