大相撲

■一月9日目 大栄翔1敗!優勝戦線に変化あり

大栄翔平幕8番勝負、2番手は宝富士である。
大関貴景勝・朝乃山に勝っているだけに好調
とみていい。相撲はこう展開した。大栄翔は
あたっての突き押し。だが宝富士は踏み込ん
で後退しない。大栄翔果敢に攻めたてるも
宝富士ゆったりまわり込んでまわり 込んで
気をみてはたき込んだ。大栄翔はついに1敗
となった。宝富士戦では自分の相撲が取れ
なかった。明日以降の相撲に影響がでるか
否か。10日目の北勝富士戦次第である。

<宝富士(はたき込み)大栄翔>

2敗正代の対戦相手は玉鷲である。玉鷲は
貴景勝に勝っているとはいえ、最近は上位に
定着できなくなってきた。勝負は正代が圧力
をかけて完勝した。正代は他力ながら1差と
なった。

<正代(押し出し)玉鷲>

平幕中位以下の2敗組が相次いで敗れたこと
で、優勝は現時点では2人にしぼられてきた。
ただ、展開によっては3敗組が浮上すること
が考えられる。だが、優勝が3敗となると
低レベルは免れない。

9日目を終えて三役の成績は以下になった。
貴景勝2勝7敗 大関 正代7勝2敗
朝乃山6勝3敗 大関
照ノ富士6勝3敗関脇 隆の勝5勝4敗
高安 5勝4敗 小結 御嶽海4勝5敗

正代以外は3敗が最高成績なのだから寂しい
限りである。特に大関である朝乃山の責任は
大きい。本来横綱が不在なのだから朝乃山に
とってはチャンスのはずだ。それにも関らず
実績が伴わない。朝乃山は上位での最高成績
は12勝である。13勝の壁に挑む意気込みで
臨まないと同じことの繰り返しになる。

<朝乃山>

先場所優勝同点だった照ノ富士は押し相撲に
苦戦している。多くを望みにくいかもしれ
ないが、どこかで期待したくなる存在である。
不屈の精神で序二段から戻ってきただけに
もうひとふんばりがみたい

めきめき実力をつけてきた隆の勝。だがここ
へきて星がともなわなくなってきた。まだ
途上というほかない。8勝にできるだけ星を
積み重ねることである。

場所はまだ6日間あるだけに優勝戦線にさら
に変化があるかもしれない。

時間ぎりぎりに国技館にいきました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.