大相撲

20歳以下の新入幕力士12

■朝青龍
平成13年一月場所20歳で新入幕を果した。
明徳義塾高校に留学し、相撲部で活躍した。
高校を中退して若松(元朝潮=前名長岡)
部屋に入門した。序ノ口から9場所で十両
入り。十両2場所で入幕というスピード出世
だった。大関の初陣は22歳直前であった。
大関2場所目、3場所目で連続優勝して横綱
に昇進した。大正15年、協会制定の優勝制度
以降、初優勝から連続優勝した力士は双葉山、
照國、千代ノ山、朝青龍、稀勢の里の5人
しかいない。横綱には22歳で昇進した。

<朝青龍>

朝青龍は一人横綱が長かった。番付上は3年
2場所 。 横綱に昇進したとき、武蔵丸が
いたが、6場所すべて休場していたため、
実質は4年2場所であった。つまり、結びの
一番で取ることが多かったので、退職金より、
懸賞金のプール金のほうが多かったという。
優勝回数は25回で4位であった。最後の優勝
直後、事件で自主引退せざるを得えなくなっ
た。まだ29歳であった。

■白鵬
白鵬はモンゴルから来日した若者6人のなか
の一人であった。ほかの者が相撲部屋から
スカウトされるなか、白鵬は小柄で声がかか
らなかった。帰国寸前先輩の旭鷲山が宮城野
(元竹葉山)親方に声をかけ、白鵬の入門が
決まった。最初は稽古をさせてもらえず、体
を大きくするところから始まった。

<白鵬>

白鵬はめきめき強くなり、平成16年五月場所
19歳で入幕した。新入幕で存在感を示した。
この場所千秋楽を迎えて1敗前頭筆頭北勝力、
2敗横綱朝青龍であった。千秋楽11勝3敗の
白鵬は北勝力と対戦することになった。この
一番、白鵬一瞬の変化に北勝力がばったり。
2敗で並んだ朝青龍が優勝決定戦で北勝力を
倒して逆転で7回目の優勝となった。12勝の
白鵬は敢闘賞を受賞した。

21歳のとき大関に昇進した。横綱はケガが
あって大関で7場所かかったが、22歳で昇進
した。7連覇、63連勝、44回優勝、年間86勝
など新記録男として君臨している。その白鵬
も35歳になった。白鵬を脅かす力士は果たし
て現われるのだろうか。

■安馬(日馬富士)
平成16年十一月場所、20歳で入幕した。軽量
だったので将来横綱にまで上り詰めるとは
思わなかった。スピードと集中力の真っ向
勝負でぐんぐん力をつけていった。殊勲賞
4回、敢闘賞1回、技能賞5回受賞した。
24歳で大関に昇進した。大関22場所を務めて
横綱に昇進した。15日制で2場所連続全勝
優勝しての横綱昇進は初めてのことだった。
(のち貴乃花が2人目の達成)28歳のときで
ある。白鵬が第一人者のなかで優勝9回は
よくやったといえる。最後は暴行事件の責任
をとって引退した。33歳であった。

<安馬>

■稀勢の里
序ノ口から2年で十両入り。十両3場所で
入幕した。平成16年十一月場所、18歳のとき
であった。三賞は殊勲賞5回、敢闘賞3回、
技能賞1回受賞している。大関昇進までは
時間を要した。25歳のときであった。それも
千秋楽の結果を待たず、10勝4敗時点で決ま
る異例ぶりだった。結果は10勝5敗に終わっ
ている。ここからがまた、長かった。見方に
よっては、横綱はないようにさえ見えた。
大関31場所かかってワンチャンスをモノに
して、たった1回の優勝で横綱になった。
30歳であった。だが、新横綱のケガで満足に
土俵を務められず、引退した。32歳であった。

<稀勢の里>

■栃煌山
明徳義塾相撲部出身である。序ノ口から1年
半で十両入り。十両3場所で入幕するスピー
ド出世である。平成19年三月場所、20歳で
入幕した。小結11場所、関脇14場所を務める
ほどの実力者であった。関脇以下最強の時期
が間違いなくあった。殊勲賞、敢闘賞、技能
賞を各2回受賞している。三役を離れて2年
半になる。ここ1年は幕内下位、十両と低迷
している。33歳、晩年にはいっている。

<栃煌山>

(この項目続く)

最近政府のマスクが届きました。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.