大相撲

横綱の連続12勝以上1

横綱は常に優勝を争い、最低でも12勝をあげ
なくては務まらない。それでは横綱は、連続
12勝以上は何場所あるのだろうか。連続に
限って調査してみた。15日制の横綱は千代の
山以降だが、東富士が横綱2場所目から15日
制なので東富士以降をみていこう。

東富士は横綱2場所目、8勝7敗で終わって
いる。それ以降わずか2場所連続12勝以上が
あるのみだ。これは鏡里も同様である。千代
の山は横綱11場所目から4場所連続12勝以上
がある。12勝を3場所続けたあと13勝2敗で
優勝している。横綱返上問題はその5場所前
のことである。

<栃錦のブロマイド>

栃錦は7場所連続12勝以上の記録をもつ。
これを達成したのはなんと引退する場所の
直前なのである。95勝10敗、優勝は3回で
ある。早すぎる引退だったのではと思わず
にはいられない。栃錦はほかに3場所連続
12勝以上がある。ライバル若乃花は逆に横綱
3場所目から6場所連続12勝以上がある。
優勝は3回。ほかに4場所連続12勝以上が
ある。

<若乃花のブロマイド>

この時代の横綱吉葉山と朝潮は記録なしで
ある。

大鵬は2度に渡る6連覇がある。連続12勝
以上は両方にからんでいる。最初は横綱5場
所目から11場所連続12勝以上を記録した。
優勝は8回である。それから約2年後、8場
所連続12勝以上を達成している。優勝7回で
ある。負けない相撲で安定感があった大鵬は、
横綱の連続12勝以上記録の面でも数字を残し
た。

<大鵬のブロマイド>

ライバル柏戸は3場所連続12勝以上が1度
あるだけである。優勝はない。佐田の山は
新横綱の場所から4場所連続12勝以上がある。
大関の勢いがそのまま移行したカタチである。
これは北の富士にも言える。新横綱の場所
から3場所連続12勝以上がある。

玉の海は横綱4場所目から抜群の安定感を
見せた。腰で取る相撲は双葉山と比較する
楽しみがでてきた。7場所連続12勝以上を
記録した。悲劇の急死さえなければどこまで
記録をのばしたのか。昭和47年混乱4場所は
なかったはずである。つくづく惜しまれる。

<玉の海>

大鵬から北玉まで、綱の重さにつぶされた
栃ノ海と短命琴櫻は記録なしである。

(この項目続く)

緊急事態宣言発令。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.