大相撲

歴史的瞬間!連勝ストップ2

■双葉山1
双葉山といえば、69連勝が最も有名である。
双葉山が69連勝を達成したのは、昭和14年
1月14日である。それから81年以上経つが、
いまだ破られていない。大相撲史上最高の
連勝記録として、さん然と輝いている。

<双葉山のブロマイド>

連勝記録が始まったのは、双葉山が平幕の
ときである。昭和11年春場所、前頭3枚目で
9勝2敗の成績であった。6日目横綱玉錦に
敗れたあとから連勝は始まった。当時はこれ
が連勝の始まりになるとは誰も思っていなか
った。なお、昭和7年から取組は系統別総当
たり制に変わっていた。

翌場所の夏場所、双葉山は関脇に昇進した。
この場所双葉山は初日から連戦連勝。先場所
全勝優勝した横綱玉錦も同様であった。両雄
は9日目に全勝で激突した。予想は当然玉錦
である。このとき玉錦は27連勝中であり、
充実期であった。また、双葉山はこれまで
玉錦に6連敗と、一度も勝てなかった。

<玉錦のブロマイド>

仕切り7回目で立った。当時は仕切り制限
時間は10分だが、制限時間までいって立て
なかったではみっともないということから
時間前に立つ傾向があった。双葉山激しく
突っ張ると玉錦突き返して右四つになった
が、玉錦の左は万歳状態だった。双葉山は
左上手をがっちり取っていた。玉錦巻きかえ
にいくところを双葉山一気に出て、寄りたて
れば、玉錦たちまち土俵に詰まる。首をまい
てうっちゃりをみせるも、双葉山上手をはな
し、胸を押してあびせ倒した。

<双葉山のブロマイド>

双葉山は残り2日間、横綱男女ノ川、大関
清水川に連勝して11戦全勝で初優勝した。
驚くべき双葉山の変貌であった。玉錦戦は
覇者交代の一番となった。これ以降玉錦は
双葉山に勝てなくなり、優勝することはなか
った。双葉山は16連勝したが、数字的にまだ
話題にはならなかった。全勝優勝した双葉山
は大関に昇進した。

(この項目続く)

振込が滞っています。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
イラストとマークの2カ所をクリックして支援してください。

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.