大相撲

2019年七月場所の視点

2019年7月6日

カド番貴景勝の休場はやはり寂しい。本人は
出場する意向だったが、師匠である千賀ノ浦
(元隆三杉)が止め、説得によって休場が
決定した。そこには一時のために貴景勝の
将来を奪ってはいけない。力士人生はまだ
これからなのだから、ケガを治すことを優先
させたわけである。長い目でみるとやむを
得ないし、北の富士さんは適切だったと評価
している。
190501力士会 429
<貴景勝>

優勝はこの1年間で4場所が初優勝である。
第一人者の白鵬は休場がちで、絶対的強者で
なくなっていることが起因している。ただ
初優勝力士は誰も2回目の優勝を達成でき
ないでいる。朝乃山は先場所優勝したばかり
だが、今場所が上位初挑戦であり、急速な
成長は年6場所での短期間では難しいと考え
るのが自然。優勝は、白鵬が抜けているが、
それでも勝ち進めばという条件つきである。
鶴竜は腰痛で多くを期待できない状態である。
190511初日前日 053
<御嶽海(左)と栃ノ心>

大関陣は未知数である。強さともろさが同居
している。豪栄道、高安、栃ノ心と3人いる
のだから一人くらい優勝争いに加わっていた
だきたいが、期待はずれに終わる恐れがある。
むしろ御嶽海あたりが奮起して、1年前を
再現して、優勝争いに加わったほうが展開
としては興味深い。関脇の強い場所は面白い
という。

阿炎・竜電の新小結はどこまでやれるか。
上位戦はまだまだ場数が足りないが、思い
切った相撲で上位をかく乱することである。
最近は闘志あふれる相撲が乏しいだけに、
2人の相撲に期待がかかる。
190520九日目南門 167190520九日目南門 218
<阿炎>           <竜電>

新入幕貴源治は幕内最年少力士である。いさ
さか十両時代が長かったが、先場所優勝して
いるだけに、勢いにのれば2ケタ勝利はあり
得る。若さあふれる相撲が期待できる。貴重
な技の相撲炎鵬は入幕2場所目にはいる。
先場所は惜しくも負け越したが、今場所こそ
勝ち越して技能賞へつなげる炎鵬を見たい。
190520九日目南門 005
<貴源治>

長い戦いが名古屋の地で、7日から始まろう
としている。

先場所の大相撲中継の録画を削除しました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-,

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.