大相撲

不可解なチケット発売日

2019年7月3日

今年(2019年)の十一月場所のチケット発売
日が変更された。すでにご存知の方もいると
思うが、9月14日土曜からになった。通常は
10月上旬の土曜である。これは10月、消費税
が8%から10%にアップする予定なので、
それを避けるための日程変更かと思っていた。
福岡
<2018年十一月場所案内>

ところが、来年は9月19日土曜、令和3年も
9月18日土曜だというのである。これは言う
までもなく九月場所7日目の本場所中である。
つまり、十一月場所の前売り開始は今後、
九月場所中になる見通しなのである。

以前モンゴル巡業を実現するため、朝青龍が
本場所中に力士に働きかけたとき、北の湖
理事長は「本場所中は本場所に集中するよう
に」と、たしなめた。これは力士だけでは
ない。大相撲ファンだって、本場所中は本場
所に集中したいのが本音である。それを本場
所中に翌場所のチケットを販売するなど理解
できない。これにはどんな狙い、メリットが
あるというのか。
名古屋A
<2018年七月場所案内>

本場所中の翌場所のチケット発売開始といえば
長年七月場所がそうであった。以前は五月
場所の5日目であったが、近年は12日目に
変更になって久しい。これも同様の理由で
容認し難かった。だが、七月場所は相撲協会
と中日新聞の共催だから、中日新聞の意向も
あり、6月発売が難しいのかなと思っていた。

ところが、来年は五月場所14日目に発売開始
なのである。令和3年も同様である。14日目
といえばトーナメントでいえば準決勝である。
こんな大事な日に翌場所のチケット発売開始
なんて理解不能である。
七月場所A
<2019年七月場所案内>

チケットに関しては発売日だけでなく、購入
方法、席が選べない、アナログでしか買え
ない、ネットダフ屋をなんとかしてほしい、
年間通し券の発売、椅子席の一定数の当日
売りなどファンの声を聞くべき時期にきて
ないだろうか。相撲協会はこれまで和装デー
や親方と記念撮影などさまざまなファンサー
ビスを行ってきた。チケットに関してだけが
蚊帳の外であってはいけない。

通帳の記載をしました。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 


当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.