大相撲

白鵬三本締めの波紋

2019年4月11日

4月8日、白鵬と師匠宮城野親方がコンプ
ライアンス委員会の事情聴取を受けた。これ
は三月場所の優勝インタビューで、優勝者
白鵬が平成最後ということで盛り上げようと
三本締めを観客に促した行為についての聴取
である。内容は公表されなかったので、大き
く伝わることはなかった。
190324千秋楽表彰 454
<H31年3月 白鵬による三本締め>

ところが、ここへきて日刊ゲンダイが去る
3月28日の理事会について衝撃の出来事を
伝えてきた。

理事会以前に横綱審議委員会から、優勝した
横綱といえども、一力士としてそういうこと
をやれるのかという疑問があると問題を提起
したのである。さらに理事会としてどう考え
ているのかと、協会に詰め寄った。
ゲンダイ
<日刊ゲンダイの記事>

理事会には白鵬と宮城野親方も呼ばれていた。
白鵬には以前にも万歳三唱をした過去があっ
た。日刊ゲンダイはこう伝えている。

反省の色がないというか、あまりの能天気
ぶりに腹に据えかねたのが八角理事長であっ
た。「今回が初めてじゃないだろ!前回も
注意したのに反省していないじゃないか!」
と理事会の席上、ものすごいけんまくで白鵬
を叱りとばしたという。

日刊ゲンダイの記事の冒頭には
その瞬間、あまりのけんまく、迫力に、近く
にいた親方のひとりは震え上がったという。
と書かれている。
171126千秋楽幕内・表彰 786
<H29年11月 白鵬による万歳三唱>

こりない白鵬にストップをかける意味で、
ここでお灸をすえたと考えられる。そうで
ないと白鵬はまた同じことを繰り返すと危惧
したのかもしれない

白鵬の三本締めには様々な意見がある。
1.問題はない。
2.盛り上がったのでどんどんやってほしい
3.行為としてはどうかと思うが、注意で十分
4.誉められる行為ではない。処分が必要

しかし、ファンの意見以上に協会の態度・
姿勢は厳しいものになりそうである。

昔の仕事仲間と飲みにいきます。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.