大相撲

迷走!貴乃花退職をめぐる不整合性

2018年9月26日

「やめちゃったね」「残念」「大変なことに
なったね」相撲仲間からのメールが次々に
届く。そんななか、昨日25日夜相撲協会の
広報部長である元大乃国の芝田山が、貴乃花
が退職に追いやられたいきさつについて反論・
見解を示した。
日刊
<日刊スポーツの記事>

1.今年の3月内閣府に提出した告発上を
事実無根と認めること。そうでないと親方
廃業に追い込まれると迫られた。

※協会 そのような事実は一切ない

2.どこかの一門必ずはいること。さもなけ
れば部屋もちの親方はできないと言い寄ら
れた。さらに告発上を事実無根と認めない
限り一門にはいれない。

※協会 そのような事実も一切ない。一門
加入は運営助成金を無所属に個別に渡すと
使途不明金となる恐れがあるためで、公益
財団法人としてふさわしくないからである。
7月下旬に決め、期限は明日の理事会まで
である。加入していないときはその場で審議
することになっていた。

これをどうとらえるか。協会の総意ではなく、
個人あるいはグループとして圧力を貴乃花に
加えた人物がいた。あるいは協会は圧力を
加えたつもりはなくても、貴乃花はそう受け
取らなかった。こう考えないと整合性がとれ
ない。そもそも無所属を強引に一門に加入
させることが果たしていいことなのか。無所
属だからこそ言えることがあるはずだ。

また、提出したのが引退届けであって、退職
届けでなかった。というが、瑣末なことで
ある。これを出し直すまでに、協会と貴乃花
がとことん話し合って留まるべきである。
という意見があるが、貴乃花は決断したら
意志が固く、もう協会に戻ることはないと
見るべきだろう。
スポニチ
<スポーツニッポンの記事>

退職届けが提出されても受理されなければ
退職できない、というのは理窟であって労働
基準監督所や裁判所まで争うケースは稀で
ある。ただ、サラリーマン社会では退職届け
は会社を去る最低2週間前までに提出する
規定がある。相撲協会にはないのだろうか。

幸い弟子の移籍は元隆三杉の千賀ノ浦が承諾
してくれた。残された問題は貴乃花と協会の
主張は、整合性がとれないことである。ここ
へきて貴乃花退職問題は迷走を深めることに
なった。

寝不足です。

興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.