大相撲

横綱10大史7 横綱審議委員会誕生

2017年10月1日

現代は、横綱に推挙する力士が出現したとき、
協会はまず、横綱審議委員会に諮問する。
横綱審議委員会がOKを出してはじめて協会
が最終決定をする。こうして横綱は誕生する。
それでは、横綱審議委員会はいつどのような
経緯で誕生したのか。歴史をふり返ってみよ
う。

昭和25年春場所、羽黒山、東富士、照国の
3横綱は総崩れとなった。2日目、東富士は
神風に敗れ、照国も吉葉山に敗れた。東富士
は翌日から休場、照国は4日目から休場した。
羽黒山は3勝後神風に敗れ、5日目から休場
してしまった。かくして早々と横綱不在と
なり、批難ごうごうとなった。
横綱 照国 
<照国のブロマイド>

昭和25年春場所は、前場所不成績を繰り返し
ていた横綱前田山が引退させられていて、
4横綱が解消された場所であった。また、
蔵前仮設国技館で興行がおこなわれた記念
すべき場所でもあった。なお、東富士と羽黒
山は途中から出場している。

世間の批難に協会はあわてた。1月20日の
役員会で、横綱といえども2場所連続負け
越したら大関に落とすということを決定した。
いわゆる横綱格下げである。ところが思いも
よらない反響が待ち受けていた。横綱格下げ
に対して世論が大反発したのである。「横綱
はチャンピオンではない。チャンピオン同様
の成績をあげて初めてなれるものである」
「功なり名を遂げた者は力が衰えたら引退
するだけ。格下げはよろしくない」という
わけである。

これを受けて協会は、1月29日の取締、理事、
監事、検査薬が出席する番付編成会議で次の
結論に至った。
1.横綱格下げは弊害があるので白紙に戻す
2.5月の夏場所までに相撲愛好家、有識者
による横綱のいっさいを審議する横綱審議
委員会を設置する
舟橋
<ミスター横審舟橋氏の記事>

こうした決定に世論は納得した。かくして
横綱審議委員会は誕生した。ただ、これで
弱い横綱、物足りない横綱はなくなったか
というと、そうでもない。横綱が抱える問題
は、同じ横綱でもあまりにも差がありすぎる
点である。横綱審議委員会の存在価値をぜひ
示していただきたい。

浅草、秋葉原をまわってきました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。

マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑。 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.