大相撲

■初 14日目 遅れて来た男、稀勢の里が念願の初優勝

2017年1月21日

14日目、優勝を争う横綱と大関の対戦相手は
平幕という異例のなか、波乱が起きた。1敗
稀勢の里が危なげなく逸ノ城に勝った。ここ
までは順当である。しかし、2敗白鵬は貴ノ
岩にいいところなく敗れ、その瞬間、稀勢の
里の初優勝が決定した。そのとき歓喜の座布
団が土俵に舞った。優勝に届かなかった6場
所制時代最強の大関が、ついに念願の初優勝
を成し遂げた
170121十四日目幕内 485
<逸ノ城を倒し、13勝目をあげた稀勢の里>
 
これまで土俵の目撃者は、稀勢の里に関して
これでもか、これでもかとかなり、書いて
きた。稀勢の里のもつ力、勝負に対するガチ
ンコの姿勢、そして何度も壁に阻まれた苦渋。
それが今、すべて花開いて初優勝につながっ
た。本当におめでとう稀勢の里関。

しかし、稀勢の里の優勝は1回で終わるべき
ものではない。2回、3回とやってこそ、
他の優勝大関と一味違う存在となる。殻を
破った稀勢の里ならできる。
170121十四日目幕内 491
<懸賞金を受ける稀勢の里>
 
取組が違っていたらどうかという声がある。
つまり稀勢の里対貴ノ岩、白鵬対逸ノ城だっ
たらというわけだ。運命に逆らうな。決まっ
たことに従い、力士は全力で相撲を取れば
いい。

白鵬の敗因は何が何でも逆転優勝してやる、
という勝負に対する執念に欠けていたことだ。
この点だけは大鵬に及ばない。大鵬は、下
から突上げてくる力に対し全力で勝ちにいっ
た。師匠の二所ノ関(元佐賀ノ花)はよく
「この一番に負けると時代が変わるぞ」と
大鵬に檄をとばした。
170121十四日目幕内 617
<白鵬いいところなく貴ノ岩に敗れる>
 
白鵬は4場所連続優勝できなかった。これは
横綱になって初めてである。この屈辱をはら
すのは、明日の千秋楽の稀勢の里戦で勝つ
ことである。平成24年一月場所、優勝を決め
た把瑠都に対し、千秋楽に勝利したのは白鵬
である。優勝は決まったが、白鵬の意地が
見られるかどうかで白鵬の価値が決まる。

新たな相撲仲間との出会いがありました。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.