大相撲

■福岡3日目 白鵬通算1000勝達成の偉業

2016年11月15日

3日目結びの一番で白鵬が魁聖に勝利して、
ついに史上3人目の通算1000勝を達成した。
先場所全休したため、達成が今場所までのび
たが、ストレートの3連勝で決めた。花道で
花束を渡され、祝福されていた。通算勝利
1000勝はこれまでわずか3人しか達成して
いない偉業である。白鵬は偉大な仲間いりを
果たしたのである。

白鵬千A

最初に通算1000勝を達成したのはウルフ千代
の富士である。年6場所制では考えられない
36歳直前まで横綱を務めたことが大きい。その
千代の富士は最終的に1045勝まで数字をのば
した。これを破る力士は当分でないと思われて
いた。

ところが、千代の富士以上に力士生命が長か
った怪力魁皇が迫った。38歳直前であった。
魁皇は曙、若貴と同期である。時代を築いた
彼らはとっくの昔に引退していていた。魁皇
はそのあと時代を築いた朝青龍・白鵬との
戦いに移していた。魁皇は、最後の力をふり
しぼって千代の富士を2つ上回る1047勝を
達成して、場所中に引退した。

白鵬は彼らとは、まるで違うタイプである。
年齢は現在31歳である。力士生命は晩年まで
いっていない。それから休場と負け数が、
2人と比べて極端に数字が小さい。これぞ、
白鵬の超人性のなせる業である。超人白鵬に
とって1047勝は射程距離に入ってきた。来年
は破ると見ている。

そうなると幕内勝利数、横綱勝利数とともに
通算勝利数と3部門でトップに立つことに
なる。白鵬は通算勝利数を何勝まであげる
ことができるだろうか。今場所の今後の
勝数プラス休場もありえるので、年間60勝
で2年半もてば1160勝になる。白鵬最後の
大記録になるのは、間違いない。

福岡では連日満員御礼がでていない。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.