大相撲

十一月場所のチケット事情

2016年10月8日

本日8日は十一月場所のチケット発売日で
ある。今年に入って5場所すべて満員御礼を
だしているだけに激しいチケットの争奪戦が
予想された。

東京と発売方法が異なるのは、発売初日に
限り、福岡国際センターでは午前9時から
発売される点である。これなら全国10時一斉
発売より先んじてチケットを購入できる。その
ため、前日7日の15時台で三十数人ほど並ん
でいた。前年は20時台で十数人であったこと
を考えると出足が早い。

ただし、チケット購入は窓口の数とカード払い
など処理システムに時間ガかかり、東京ほど
スムーズにはいかないようだ。そのため、
全国一斉に発売される10時までに購入できる
人数は東京ほど多くはない。

また、東京と違いタマリ席が直接購入できる
点も魅力である。チケットを待つ列はタマリ・
マスとイスに分かれて並ぶが、圧倒的にタマ
リ・マスが多かった。

相撲仲間の数人は、セブンーイレブンの
発券機で奮戦したが、希望の席に到達せず
に、討ち死にである。地方の相撲仲間は、
平日特定の席をチケットぴあで購入しよう
としてすべて売り切れと言われたという。
そんなばかな、と思って、筆者が東京のチケ
ットぴあで確認をするとすべてあった。チケ
ットをめぐる「?」である。

そんななか、地方の別の仲間から13日目から
千秋楽まで正面マス席がセブンーイレブンの
発券機であたったとの連絡を受けた。それは
ラッキーである。マスCの最前列であった。

今日1日で様々なメール・電話がいききした。
電話の声だけですぐに判別できない方もいた。
共通の願いは「ほどほどの人気がいい」とい
うことで落ち着いた。

武蔵川部屋関連の番組を大変興味深く
拝見した。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑         

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.