大相撲

白鵬の今後

2016年9月9日

白鵬が休場した。しかも今度は重症である。
稽古らしい稽古ができなかったのだから、
万全の体調に戻すのは時間がかかりそう
である。白鵬といえば休場が少ない横綱で
あった。それが、37回最高優勝及び横綱
最多勝、幕内最多勝を超スピードで達成
できた要因である。魁皇の通算1047勝を
超えるのは時間の問題であった。

160107奉納土俵入り 131
<白鵬の土俵入り>

白鵬の全休で気になるのは、これが一時的な
ものなのか、休場が今後もしばしば見られる
始まりになるのかということである。白鵬は
横綱に昇進以降48場所連続皆勤を続けてきた。
これは横綱として最高の数値である。これまで
は、北の湖の43場所連続皆勤だった。ちなみ
にその次はぐっと落ちて大鵬・2代目若乃花・
朝青龍の16場所連続皆勤である。

なお、白鵬は横綱の休場率が、常陸山以降の
東京横綱50人のなかで3.2%(今度の全休を
含む)という低さで2位である。トップは休場
ゼロだった玉の海である。

北
<北の湖>

北の湖の横綱最初の休場は、22回目の優勝を
達成した3場所後であった。負けが込んでの
途中休場だった。その翌場所23回目の優勝を
したが、その2場所後から休場が目立ち始め
た。5場所連続休場もあった。29歳から30歳
のときである。この後北の湖は最後の24回目
の優勝を2年以上のブランク後に成し遂げ、
4場所後に31歳で引退した。

年6場所制は消耗が激しい。優勝にブランク
ができ、休場が目立ち始めると北の湖の道を
歩むのかという懸念が出てくる。白鵬の休場
が頻繁に出始めたら、白鵬絶対の時代は
終焉に傾いている恐れがある。一方大鵬は
休場後よく優勝した。そのため不死鳥といわ
れたりもした。

160522千秋楽挨拶パレード 046
<白鵬の優勝パレード 旗手石浦>

東京オリンピックに土俵入りを望む白鵬は
まだまだがんばりたいところである。現在、
白鵬の後継者は見当たらない。日馬富士も
鶴竜も稀勢の里も白鵬とほぼ同時代の力士
である。その点からも白鵬は徹底的に治療
に専念して、再び記録を狙って復活した雄姿
を見せていただきたい。

やや涼しくなってきた。

興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。

よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑          

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

 

当サイトはブログランキングに参加しています、どうか応援をお願いいたします!

【ブログランキング】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック


【日本ブログ村】で、土俵の目撃者を応援して頂けるかたは↓をクリック
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村
  • この記事を書いた人
denkouriki

denkouriki

無類の相撲好き。きっかけは昭和42年、九重(元千代の山)が分家独立を許さない不文律の出羽海部屋から破門独立したことです。そのさい、千代の山を慕ってついていった大関北の富士がその直後の場所で初優勝した。こんな劇的なドラマを見せられたことが、大相撲から離れなくなりました。視点は監察委員を八百長Gメン、燃える要素があると強い北の富士を循環気質と呼んだ杉山桂四郎氏に。土俵の心は玉の海梅吉氏に、問題点を探るのは三宅充氏に、そして相撲の本質、真髄は小坂秀二氏に学んできました。本場所は地方場所を含めて年間半分くらい観戦しています。大相撲に農閑期はなく、随時執筆していきます。興味深く読んでいただければ幸いです。

-大相撲
-

Copyright© 土俵の目撃者(毎日更新) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.